意外と知らない!ノンシリコンシャンプーと普通のシャンプーの違い

モテ子
イメージだけで選んで後悔しないことね。


「シリコン入りのシャンプーは、髪や頭皮に悪影響を及ぼす。」こんな言葉を聞いたことはありませんか?近年、ヘアケアメーカーがこぞってノンシリコンシャンプーを発売していますよね。けれど、そもそも「シリコン」とは、どんな役割でシャンプーに入っているのでしょう。シリコンに対して正しい知識を持っている人はごくわずか。シリコンの何がどのように「悪い」のかと聞かれると、「?」が浮かんでしまう女性も多いでしょう。今回は、ノンシリコンシャンプーシリコンインシャンプーの違いを追及!それぞれのメリットやデメリットについても徹底解剖します!

「シリコンシャンプーは頭皮に悪い」は嘘!

「シリコン=悪」というイメージが定着していますが、これは偏った認識です。シリコンは、化粧品や食品など、身近なものに沢山使用されているもの。多量に摂取や使用をしなければ、頭皮や髪はもちろん、体にとってほとんど害はありません。
「シリコンは頭皮の毛穴に詰まる」「髪にダメージを与える」などといった情報は、実は根拠がないもの。シリコンの粒子は非常に細かいので、毛穴を塞いでしまうといったことはありません。
近年、ノンシリコンシャンプーが人気になった理由としては、自然派化粧品に注目が集まり、その影響が自然由来成分だけを使用したコスメやヘアケア用品にも現れたから。その結果、人工物であるシリコン不使用のノンシリコンシャンプーが支持されるようになったのです。

「シリコン」の役割は?

多くのシャンプーにシリコンが配合されている目的は、髪をコーティングしてツヤを与え、髪同士が絡まらないよう指通りを良くするため。
ノンシリコンシャンプーを使用した時に、ギシギシとした感触や、指通りの悪さを感じたことはありませんか?例えば、ただの水でシャンプーをするかのように髪と頭皮を洗うと想像してみてください。髪同士が絡み合うため、髪に負担がかかってしまいそうですよね。シリコンは、このような問題を解消する作用があるので、多くのシャンプーやヘアケア剤に配合されているのです。

ノンシリコンシャンプーを買う時に気をつけたいこと

ノンシリコン=オーガニックではない

ノンシリコンシャンプーは、単に「シリコン不使用」なだけで、決してオーガニック製品でも化学物質不使用でもありません。そのため、髪に良いというイメージだけに流され、安易にノンシリコンシャンプーを選んでしまうと、かえって髪に負担がかかってしまうこともあるんです。
また、洗い流さないトリートメントやヘアクリームなどのヘアケア剤の多くにはシリコンが使われていることも覚えておきましょう。ノンシリコンを意識するのであれば、シャンプー以外の製品にもシリコンが含まれていないかチェックしないと、ノンシリコンシャンプーを使う意味が半減してしまいます。

ぺたんこ髪や猫っ毛の人にはノンシリコンシャンプーがおすすめ!

シリコンは髪をコーティングする役割があるため、髪に若干のしっとり感と重みが出て落ち着きます。しかし、トップがつぶれやすいぺたんこ髪や猫っ毛の人にとっては、ボリュームを更にダウンさせる原因になることも。
髪が細くボリュームが少ないのであれば、ノンシリコンシャンプーで髪本来の弾力を活かし、ふんわりと仕上げることをオススメします。

べたつきやすい髪の人はノンシリコンシャンプーは避けて

ノンシリコンシャンプーの中には、キシみをなくして感触を良くするため、シリコンの代用品としてオイルを配合しているものもあります。オイリー肌の人には、このオイルが災いし、更ににべたつきが気になってしまうことも。髪がべたつきやすい人は、乾燥しやすい冬や春先だけノンシリコンシャンプーを使用するなど、工夫してみるのが良いでしょう。

ノンシリコンシャンプーには、メリットもありますがデメリットもあります。
自分の髪が本当にノンシリコンシャンプーを必要としているかどうか、実際に使い心地を確かめながら判断し、ぴったりのシャンプーを見つけてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル