スマホで首猫背に!急増中の「ストレートネック」って何?

モテ子
首は「まっすぐ」すぎちゃダメなの。


PCとスマートフォン(以下スマホ)の普及により、多くの女性を悩ませているものと言えば、猫背にドライアイ、そしてストレートネック。「首猫背」とも言われるため、背中が丸まってしまう猫背と混同されがちですが、この2つは似て非なるもの。ストレートネックとは、本来自然なカーブを描くべき首が、まっすぐになってしまう歪み症状のことを言います。首がまっすぐってダメなの?まっすぐなのに歪み症状の一つなの?と不思議に思う方も多いかもしれませんね。“新国民病”“スマホ症候群”とも呼ばれるほどに急増しているストレートネック。気付かぬうちに美と健康を損なわないよう、今すぐチェックしてみましょう。

まっすぐなのに歪み?ストレートネックとは

私達の頭部は、約5kgもある非常に重いパーツ。この重い頭を支えるために、首の骨は、緩やかなカーブを描いて重心を保っています。ところが、長時間にわたってうつむき姿勢を続けると、このカーブが失われ、頭部が前方に突き出た状態になってしまいます。これがストレートネック。進行すると首の骨が反ってしまう“後方ネック(頚椎後弯変形)”に発展することも。首のカーブが失われることは、立派な「身体の歪み」なのです。
以前は、独特の姿勢を続けねばならないボクサーやバレリーナに多かったこのストレートネックが、“新国民病”と呼ばれるまでに広がった原因は、現代の生活必需品とも言える「スマホ」です。気付けばスマホを見つめているという女子は黄色信号。このほか、PCと向き合う時間の長い女性や、机に向かい続ける受験生の方も注意が必要です。特に、目線だけでなく首を動かす必要があるノートパソコンをお使いの方は気を付けて。

どんな症状が現れるの?

頭を支えるためカーブが失われた首の筋肉は、常にガチゴチに強張った状態。また、首には太い血管が走っているため、頭へ上っていくべき血流も悪化します。これらが原因で現れる主な症状を見てみましょう。

  • 首や肩のコリ、痛み
  • 頭痛、めまい、吐き気
  • 骨盤が後傾し、お腹が出る・・・逆に、骨盤歪みがストレートネックを引き起こすことも多々あります。
  • 不安、イライラ、落ち込み、ボーッとする

精神面にも影響が現れる理由は、自律神経と深い関わりのある首の前側の筋肉(胸鎖乳突筋・きょうさにゅうとつきん)が縮まって緊張してしまうから。理由もなく憂鬱感やプチ不調を感じる日が続く場合は、ストレートネックを疑ってもいいでしょう。

あなたは大丈夫?壁で簡単セルフチェック

見た目にもココロにも悪影響を及ぼすストレートネック。ここでは、簡単なセルフチェックを方法を紹介します。辛い症状が出る前に気付けるよう、是非今すぐ実践してみましょう。

やり方

壁にかかとと肩甲骨、お尻をつけ、無理のない姿勢で立ってみて。この時、イラスト左側の女性のように、後頭部も壁についた方は今のところ心配ナシ。意識しないと後頭部がつかないというあなたは、ストレートネックである可能性が高いと言えます。

ストレートネックの治し方

一カ所が歪むと、徐々に繋がりのある全てのパーツが歪んでいくもの。身体の歪みは、スタイルの悪化や痩せにくさにも直結します。ストレートネックかも…と思った時は放置しないで。自宅でできる矯正法で、美しい首を取り戻しましょう。

あご引きトレーニング

まずは椅子に座って、首を正位置に戻すトレーニングを。天井から頭のてっぺんがつられているようなイメージで、背筋を正して行いましょう。

  1. 背筋を正した状態で、あごを引きます。引いたあごに両手を添えましょう。
  2. 1の状態のまま、両手を使って首と頭を後方へ押します。首の骨を後方に動かすような意識でやってみて。
  3. そのまま、顔面を天井に向けましょう。

仕事や授業中などに行うと、凝っていた首がほぐれるような感覚がするはず。ポキポキと音が鳴る人もいるかもしれません。気付いた時に繰り返し、毎日の習慣にしていきましょう。

道具を利用しよう!

  • ダイエットグッズの新定番「ストレッチポール」

身体の歪みを正すアイテムとして、今注目を集めている「ストレッチポール」。ポールの上に仰向けに寝て、膝を立て、身体を安定させましょう。その状態で腕を天井方向に上げたり、頭上方向に伸ばしてみて。猫背矯正や背中のコリ解消、運動パフォーマンスの向上にも効果的です。

  • マッサージに最適「テニスボール」

テニスボールを首の後ろに押し当ててマッサージするだけでも、首のコリや疲労感はずい分と軽減されます。靴下などにボールを2つ入れて固定し、床に置いてその上に頭を乗せる、といった改善法も有名です。

スマホの持ち方を変える

冒頭でも紹介したように、ストレートネックの別称は「スマホ症候群」。そもそもの原因であるスマホの持ち方を変えることも重要です。首だけ下を向けて画面を見るのはNG。左手を右胸と右二の腕で挟み、肘から手の甲が一直線になるようにしてスマホを持ってみて。首を曲げず、目線を下げるだけで画面を見られるようになるはずです◎もちろん、スマホの使用時間を減らすよう心がけることも大切。姿勢改善だけでなく、瞳の健康などにも繋がりますよ。

いかがでしたか?スマホやPCは便利な反面、現代病の大きな原因にもなっています。不調の正体と改善法を知ると共に、これらのアイテムとの上手な付き合い方も見つけていきたいものですね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル