効果満載?!ハーブティでリフレッシュ!

モテ子
イライラしてたらキレイになれないわよ!ハーブティでも飲んでリフレッシュしなさい!


最近、何だかお疲れ気味。

毎日忙しく頑張る中、ホッと落ち着く安らぎタイム、つくっていますか?
一日の中に素敵なリフレッシュ時間があると、仕事や勉強も効率よくはかどるもの。
気分転換が上手な人って、いつも、どこかキラキラと輝いてみえますよね。

でも、そうはいっても、なかなか自分なりのいいリフレッシュ方法がみつからなくて。。
分かります。何より探すまでが大変ですものね。

こんな時の救世主!
もちろん今回もお任せ下さい!!

今回は、手軽で豊かなリフレッシュ効果で話題の、ハーブティについて詳しくご紹介。
ダイエットに効く?他、気になる項目別に取り上げてみたいと思います。
リフレッシュどころではない、実に幅広い効果満載のハーブティは、知っておけば万能薬!?

それでは、内容てんこ盛りでいってみましょう!!

ハーブティとは?

まず始めに、ハーブとは、古くから人の心身を癒してきた薬用植物のこと。
ハーブティはハーブの葉や茎など全ての部分を使用した飲みもので、まさに、自然の恵みを丸ごといただける貴重な存在です。

薬用の名の通り、各種ハーブには確かな効果が盛りだくさん。
ハーブ全体の特徴として、抗酸化アンチエイジング作用が高いことも大きな魅力の一つです。

さらには、コーヒーや紅茶、緑茶に比べて、水に溶けやすい食物繊維が豊富に含まれるため、効率のいい毒素排出が可能。よって、代謝アップにもつながり、ダイエット効果にもつながりやすいのですね。

毎日の生活に上手に取り入れることができたなら、健康生活へと一直線!!
実に賢くてやさしいお茶なのですね。

まさに万能選手!ハーブティの種類と効能

では早速、おすすめ項目別、ハーブティをご紹介しましょう。

~ダイエットにおすすめ~

  • 「ローズ」(甘い香りでくせがなくさっぱり)・・・浄化、便秘解消、二日酔い緩和
  • 「パパイヤリーフ」(カシワの葉のような香りでやや苦み)・・・強力なたんぱく質分解、消化促進、浄血
  • 「チコリ」(コーヒーをやさしくしたような味)・・・利尿、肝機能促進、抗菌

~美肌におすすめ~

  • 「ハイビスカス」(ルビーレッドで爽やかな酸味)・・・美白、肌荒れ、むくみ解消、お疲れ時
  • 「ローズヒップ」(ハイビスカスの酸味よりもさらにさっぱり)・・・生理不順緩和、免疫力アップ、ホルモンバランスを整える、老化防止
  • 「ヒース(エリカ)」(ほのかな花の香りでさっぱり)・・・収斂作用による毛穴引き締めシミ予防、鎮静

~夏バテにおすすめ~

  • 「ペパーミント」(爽やかで刺激のある味)・・・発汗、疲労回復、口内殺菌・清浄により口内環境を健康に
  • 「ブルーマロウ」(爽やかな香りでくせがなくさっぱり。レモンを入れるとブルーからピンク色に変身!)・・・美白、消炎、リラックス
  • 「レモングラス」(レモンの香りに爽やかな草の風味)・・・消化促進、抗酸化作用による体臭予防

~リラックスにおすすめ~

  • 「カモミール」(やさしいリンゴの様な香り)・・・安眠、月経痛緩和、口臭予防
  • 「ジャスミン」(くせがなくあっさり)・・・抗うつ、緊張緩和
  • 「パッションフラワー」(懐かしい草木の香り)・・・気持ちを落ち着かせる、鎮痛

~デトックスにおすすめ~

  • 「ローズマリー」(清々しい香りとほろ苦い味)・・・血行促進、コレステロール値低下、貧血改善
  • 「ダンディライオン」(西洋タンポポといわれ、まろやかな口当たり)・・・強い利尿作用、血液さらさら、コレステロール値低下
  • 「イエロードッグ」(スパイシーな香りでほぼ無味)・・・毒素排出、体質改善、便秘解消

~健康な髪、育毛におすすめ~

  • 「フィーバーフュー(パルテノライド)」(草っぽく少し苦味)・・・頭痛緩和、冷え症、吐き気緩和
  • 「ルイボスティー」(苦味を感じる紅茶のよう)・・・薄毛解消、細胞活性化、代謝アップ

以上、時には数種類を好きなようにブレンドし、オリジナルハーブティをつくってみるのも楽しいですね!

みんなのQ&A

Q: ハーブティと紅茶の違いって?
A: お茶の木の葉っぱを使っているかいないかの違いです。ハーブティはハーブの葉などを使用しているため、茶木の葉は使用しません。茶木の葉はカフェイン入りのため、紅茶はカフェイン入り、ハーブティはノンカフェイン、ということになります。ちなみにフレーバーティーは、紅茶の葉に香料で香り付けをしたものです。

Q: いつ飲めば効果的?
A: おすすめは、ダイエットティは食前や食事中。リラックスティーは睡眠前や休日(体が温まり眠くなりやすいため)、デトックスは食前、です。ただ、基本的には特に決まっておりませんので、飲みたい時に楽しく飲むのが一番です!

以上、いかがでしたか?
今回は、ちょっとマニアックな種類もご紹介してみましたが、手軽に手に入る種類ばかりですので是非お試し下さいね!

ハーブティの効果を最大限に引き出すためには、何より、自分で香り、感じて、その瞬間に一番好きだと感じられるものを選べばOK!
ハーブティで生き生き美人を目指しましょう!!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

食材から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル