オーラルケアで輝く笑顔美人!

モテ子
キレイな歯で美人度アップね!

あの人の笑顔って素敵。そんな輝く笑顔美人の理由とは、豊かな表情?それとも飾らないナチュラルな雰囲気?もちろんそれも大切。でも、やっぱりこれは外せない!?そう。それは、歯の美しさ。口元から上品にのぞくキラキラの歯は清潔感を与え、とても魅力的な印象を与えるものですよね。そんな歯のケアといえば、365日×3回。さらに歯は一生モノ。そう考えてみると、もしかしたら、スキンケアやヘアケア、その他何よりも一番身近なケアなのかもしれません。しかし、慣れた習慣ということもあり、意外と詳しいケア方法を知る機会って少ないもの。そこで今回は、どうせ知るなら広く深く!歯のケア〜口内環境を清潔に保つ方法、まで一挙にご紹介しましょう。健康な歯、爽やかな息で口元美人に先手必勝!?
それでは、Let's Start!!

そもそも健康な歯や口内ってどういう状態?

まず始めに、健康な歯についてご説明いたしましょう。健康な歯、とは、再石灰化が正常に行われている歯のことを指します。再石灰化、たまに耳にする言葉ですよね。再石灰化とは、簡単にいうと、歯の補強が行われる工程のことです。通常、私たちの口の中は中性という状態で健康に保たれています。
しかし、食事や甘い物の飲食により、口内の虫歯菌は糖分などを栄養に、歯垢(プラーク)を作ります。この際、少しずつ酸性状態へと傾き、歯のエナメル質を溶かし始めます。この状態を脱灰といいます。

ここからがポイント!

食事後しばらくすると唾液が分泌され、これによって、口内は再び元の中性状態へと戻り始めます。唾液に含まれるカルシウムとリン酸により、無事、脱灰で溶けたエナメル質を補給し、健康な歯へと導くのですね。

このことから、口内環境の健康についても、口内を中性に保ち唾液がきちんと分泌される状態が大切といえるでしょう。

その他、歯の大切な土台となる歯茎
健康な状態とは、ピンク色、または薄い赤色をしていて、歯と歯茎の隙間、いわゆる歯周ポケットがない状態が理想とされています。引き締まった状態であることもポイントです。

ブラッシングの基本とは

では早速歯磨き方法です。
健康な歯を保つためには、効果的な磨き方が何より大切ですね!
ポイントは大きく3つあります。

  1. 歯と歯茎の境目を磨く。
  2. 力を入れず、小刻みにブラシを動かす。
  3. 磨く順序をしっかりと決め、磨き残しを防ぐ。

では詳しく解説いたしましょう。

5-17_01

1は、歯周ポケットを清潔に保つために重要なポイントです。
歯と歯茎の隙間に、約45度でブラシの毛先が当たるようにします。
毛先をやさしく震わせる感覚でソフトに磨きましょう。

2は、歯や歯茎を傷付けないためです。強く磨くことで雑になり、細かい部分を見落としがちになるため、汚れが落ちにくくなってしまいます。さらにブラシの毛先も広がり、ピンポイントで磨けなくなってしまうのですね。

3は、意外とクセが付いてしまっている、磨く順序について。順序を決めず、何となく動かすことで必ず磨き残しにつながります。例えば、上下左右4ヶ所に分け順番に磨いていく、など、いつも習慣にしておけば安心です。

さらに大切な、前歯と臼歯(きゅうし)、それぞれの磨き方についてもご紹介しましょう。
まず始めに、臼歯とは、犬歯(噛み切り歯)から奥側の歯のこと。いわゆる奥歯で、噛む力も強く汚れがたまりやすいため、虫歯になりやすいと言われます。

臼歯を磨く際のポイントは、歯の面にブラシの面をしっかり当てること。特に逃がしやすい頬側部分は、口を閉じた状態でブラシが入りやすいようにしながら磨くと面がきちんと当たります。

続いて前歯は、特に下の裏側を逃さず丁寧に。ブラシを縦にして、毛先の下、かかと部分を使って上下に磨けばきれいに磨くことが出来ますよ。

効果的な歯ブラシ、歯磨き粉の選びかた

自分に合った道具を選んでさらに効果アップ!

歯ブラシ編

一般的に、ブラシの毛束は横3〜4列、縦は親指の幅分くらいがおすすめです。
ヘッド部分が大きいと細かいケアが難しく、磨き残しにつながりやすいのですね。
持ち手は真っすぐな形が動かしやすいといわれています。
さらに、毛質は定番のナイロン製がおすすめ。動物毛のものは、吸水性が高く乾燥しにくいため、衛生管理が難しいとされています。

「やわらかめ」・・・歯茎の痛みや炎症がある方に。どうしても磨く力が強くなってしまう、という方にも。
「ふつう」・・・歯茎に問題が無い方に。
「かため」・・・歯垢を強力に落としたい方に。ただし、磨く力が強いと歯の擦り減りなどの原因になるため要注意。磨く力が弱い方にはおすすめ。

歯並びでお悩みの方には、電動歯ブラシもおすすめ。ただ、普通の歯ブラシでも隙間を丁寧に磨けるようであれば、どのようなものでもOK!

毛先の開きを防ぐため、1か月に1回は交換するよう心掛けましょう!

歯磨き粉編

さらに気になる、歯磨き粉の種類についてもご紹介しましょう。

「フッ素配合」(モノフルオロリン酸ナトリウム)・・・虫歯の進行、予防におすすめ。
「酵素」(デキストラナーゼ)・・・歯垢除去、歯垢の防止に。
「トラネキサムサン」・・・歯肉炎、歯周病予防。出血を防ぐ。
「LSS」・・・口臭防止。虫歯の進行、予防に。
「乳酸アルミニウム」・・・歯がしみやすい方に。
「ポリリン酸ナトリウム」・・・色素沈着がしやすい方に。

以上、気になるお悩みに合わせて選べばより効果的ですね。
ちなみに、研磨剤入りは磨き過ぎると歯の擦り減りにつながるため、入っていないタイプがおすすめ。短時間で雑に磨きがちな方は、研磨剤入りでもOK。

歯磨き粉の量については、多過ぎると早く口をゆすぎたくなり、ブラッシングが雑になりがちになるため、ブラシ先に1/3程度を心掛けるといいでしょう。少量でもきちんと効果はあるので心配はいりません!

各種おすすめケア

「デンタルフロス」・・・歯垢除去力について、とあるフロスメーカーによると、歯磨きのみでは60%。これに比べ、フロスを併用すると86%にまでアップするのだとか。歯の隙間にゆっくりと糸を通すだけなので意外と簡単。

「舌磨き」・・・口臭の原因となる舌の苔を落とすことは、口臭対策に効果的。T字タイプが使いやすくておすすめ。

「口内炎対策」・・・口内炎が出来た場合は、殺菌成分入りのうがい薬でぶくぶくうがいをする。どうしても痛みが気になる方は、口腔用のティッシュでふけばしみにくくなる。

「サプリ」・・・殺菌、消臭成分が高いといわれるお茶成分入りのタブレットは口臭に効果的。また、乳酸菌入りで腸内環境を整えながら口臭予防につなげるタブレットもおすすめ。

「マウスウォッシュ」・・・歯磨き後の健康な状態をコーティングする役割があり、口内炎予防にもおすすめ。

メンテナンスについて

虫歯がないと歯医者へは行かない、そんな方が多いと思います。
しかし、月に1回程定期的にメンテナンスに通い、歯垢を除去してもらうことで虫歯になる確率は圧倒的に減少します。治療ではなく、ケアだけをしに行くのって何だか誇らしく、さらにとても気持ちがいいもの。歯科医院には「治療ではなく、メンテナンスで歯垢除去などをお願いしたいのですが」などと尋ねましょう。いつも健康な歯をキープするためにも、是非習慣にしたいものですね。

みんなのQ&A

Q:結局、キシリトールガム、何にいい?
A:キシリトールは虫歯につながる酸をつくらないため、ある程度虫歯予防に効果はあります。ただ、ガムを噛むことによって唾液を分泌させるために虫歯につながりにくい、と表現した方がいいのかもしれません。キシリトールはカルシウムと結びつくことで初めて歯に栄養を与える役割を果たします。よって、市販のガムにはカルシウムも一緒に配合されていることが多いです。

Q:虫歯のなりやすさって遺伝?
A:歯科医によれば、遺伝ではないのだとか。ただ、歯の形状や溝などは遺伝要素があり、例えば、歯並びの悪さの遺伝により磨きにくくなることで虫歯へとつながりやすい、というケースはあるそうですよ。甘いモノ好きの生活環境、などによるものもあるようです。

Q:歯茎の色が悪い。どうして?
A:一番の理由は、治療で金属を使用している場合です。おおまかにいうと、金属アレルギーの一種で、シミの原因といわれるメラニン細胞が増え、色素沈着につながるともいわれます。さし歯が合わず、歯茎の炎症によって起こることもあります。これらの原因をのぞいても改善されない場合には、ガムフィットネスという治療にて改善が期待できることもあるそうです。たばこによる色素沈着も大きな原因です。

Q:歯を白くしたい。おすすめケアは?
A:ホームケアなら、やはりホワイトニング効果が高い歯磨き粉に加え、こまめな歯磨きで色素沈着を予防することが大切です。それでも白くならない。そんな方には、歯科医や歯のホワイトニング専用サロンでのケアがおすすめです。マウスピースにホワイトニング剤を入れて歯に装着する、といった本格ホームケア商品の販売や、レーザーによる施術も行われています。

以上、いかがでしたか?
お口のケア、といっても実に沢山の種類があるのですね。

現代ではストレスや冷えが原因で唾液が減ってしまうケースも多いのだとか。
食事をよく噛んで唾液分泌を助ける、そんな毎日の心掛けも大切なのかもしれません。

自分流の上手な対策法で、いつでもお口すっきり、爽やか美人を目指したいものですね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル