低気圧でズキッ!梅雨の頭痛対策法を教えて

モテ子
自分の老後を考えると頭が痛くなるんだけど、これも梅雨が原因だったのね!


ジメジメとした梅雨の時期は、気持ちだけでなく体調まで不調に陥りやすいもの。中でも、雨の日に多くの女性が訴える不調と言えば、「頭痛」です。
仕事中や勉強中に、頭がズキズキしてくると、やるべきことも手につかなくなってしまいますよね。
でも、なんで雨の日って頭痛が起こりやすいのでしょう?今回は、梅雨の頭痛を解消するために、その原因と対処方法をお教えします。

雨の日ばかり何故?頭痛の原因

梅雨の時期は、なぜ頭痛に悩まされる人が増えるのでしょうか?原因は様々考えられますが、主に以下のことが関係していると考えられます。

湿度が高いと水分代謝が滞る「湿邪(しつじゃ)」

雨が続き湿度が高い状態が続くと、水分の代謝が滞るため、体内に余分な水分を溜め込んでしまうことに…。そのせいで、体のバランスが乱れて、頭痛などの不調が起こってしまうのです。このように、梅雨に湿気によって体調不良を起こすことを、漢方の世界では「湿邪(しつじゃ)」と言います。

自律神経の乱れ

湿度が高く気候が安定しないこの時期は、体が変化に対応できず自律神経が乱れがち。自律神経は、体調を整えて健康に過ごすための重要な神経。このバランスが乱れることによって、頭痛などが引き起こされてしまうのです。

低気圧で空気が薄くなる

梅雨をもたらす「梅雨前線」は停滞前線。その名の通り「停滞」するため、日本は長期間、雨が多く気圧が低い日が続きます。低気圧は上昇気流を生み、結果、私達のまわりにある大気中の酸素濃度が下がります。この酸素の薄い空気を吸いながら生活するため、血液中の酸素濃度も下がり、血管が拡張し、神経が圧迫されてしまい、頭痛が起こるとも言われています。

頭痛の種類

頭痛の種類は、大きく3つに分けられます。

  • 片頭痛】頭の片側や両側がズキズキし、吐き気を伴う「片頭痛」。20代〜30代の女性に多くみられます。
  • 緊張型頭痛】日常生活に支障をきたすほどではありませんが、ストレスによって引き起こされると言われるのが緊張型頭痛です。デスクワークなど、長時間同じ姿勢を続けることが多い方にも見られます。
  • 群発頭痛】頭だけでなく、目の奥も激しく痛む「群発頭痛」。長期にわたって続き、1日に何度も起こることが多い頭痛です。
    この中で、梅雨時期の頭痛は気圧の変化が原因の一つになる片頭痛や、筋肉疲労によって起こる緊張型頭痛などが多いようです。

辛い頭痛を無理せず解消する方法

慢性的な頭痛は、その場しのぎの方法ではなく、毎日の生活の中で簡単に行える方法で解消するのが一番です。

薬は飲みすぎないで

薬を飲むとすぐに痛みが引くケースって多いですよね。しかし、体に薬の成分に対する耐性ができてしまうため、薬を飲み続けていくうちに効果が薄れてしまいます。疲労感肌トラブルなどの副作用も考えられるので、薬にはできるだけ頼らないのがベターです。

緊張をほぐす効果のあるアロマを取り入れて

体の緊張をほぐして心を落ち着けてくれる作用のあるアロマは、頭痛を取り除くのに効果的です。ラベンダーカモミールなどのアロマオイルを入浴時に使用したり、ゼラニウムなどの自律神経を整えるアロマを部屋で焚くなどし、上手に生活に取り入れて。仕事や勉強の合間に、リラックス効果のあるハーブティーを飲むのも効果的です。

効果テキメン!頭痛を解消するツボ押し

気候などによる不調は、お灸や鍼などの東洋医学の力を借りるのが効果的。セルフでの「ツボ押し」だけでも十分効果を得ることができます。梅雨独特の体調不良を解消するオススメのツボは下記の3つ。イタ気持ちいい強さで指の腹でゆっくりと押しましょう。

  • 太白・・・足の親指の内側付け根にある、一番大きな関節のすぐ下
  • 足三里・・・膝の皿の下のくぼみから指4本分下の、スネの骨の外側
  • 豊隆・・・足三里から指7本分下がった、膝と足首のちょうど真ん中ぐらい

頭痛が起こると、仕事や勉強なども手につかなくなってしまいますよね。今回ご紹介した解消法を実践して、梅雨の時期を元気に乗り越えましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル