青クマ解消コース

モテ子
デートで待ち合わせて最初の会話が「疲れてない?」って、切なすぎるわ。

朝起きて鏡を見たら「目元が青黒い」。なんだか憂鬱な気分になってしまいますよね。特に不調を感じる日はクマが濃くなってしまうという方も多いのではないでしょうか?朝から「お疲れさま~」と言われないためにも、青クマ対策を始めて、元気な目元を目指しましょう!

青クマとは?原因は?

青クマは、目の下に青黒い色が広がるクマのこと。血液が滞って青く見える症状ですが、血行不良寝不足疲れによるストレス冷え性などが原因となっています。またホルモンバランスの乱れ喫煙なども原因といわれています。
日によって状態が変化するのが青クマの特徴です。寝不足や疲れが溜まっている日、生理前など体調の変化によってクマが出たり出なかったり、濃くなったり薄くなったりします。
目の周りには、たくさん毛細血管が張り巡らせています。その血管を流れる血液が、血行不良で滞り、うっ血を起こすことで青クマがあらわれてしまいます。
でも、どうして青くなるの??と思いませんか。
本来、血液はキレイな赤色をしていますが、血流が滞りうっ血を起こすと、酸素不足となった血液が黒みかがって色に変色してしまうのです。この変色した血液の色が、目元の薄い皮膚を通して青黒くみえるのが青クマの正体なのです。

青クマ対策、解消法

青クマの解消方法は、目の周りの血行を促進すること!

まずは血行を悪くしていると思われる生活習慣の見直しから始めてみましょう。寝不足、身体の疲れ、冷え性、ストレス、喫煙など思い当たることがあれば対策を心がけて下さい。

青クマのもと=血行不良を起こす習慣は?

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 疲れ
  • 喫煙
  • 眼精疲労
  • 運動不足
  • シャワーだけの入浴
  • 冷え性
  • 食事バランスの乱れ

などなど、血行不良の原因となりますので気をつけましょう。

中でも多いのが寝不足による青クマ。夜更かしをした翌朝、目のクマが濃くなったという経験はありませんか?良質な睡眠を心がけて、22時~翌2時の美容タイムの就寝を目指しましょう。身体の疲れやストレスも血管を収縮させて、血流を悪くする原因になります。心身ともに疲れのない状態が青クマ解消に役立ちます。適度な運動をしたり、お風呂にゆっくり浸かることを習慣にして全身の血流を促すことも大切です。

青クマのためのマッサージ

1.眉まわりのツボを刺激して血行を促進しましょう!

004_1
眉頭のくぼみに親指の腹をのせて、眉に沿って眉尻に向かって「気持ちよい」と感じる強さで押していきます。あごを引いて頭の重さを利用すると効果的です。

2.こめかみを刺激して目の疲れを解消!

004_02
中指の腹で、こめかみを「気持ちよい」と感じる強さで押していきます。眼精疲労を解消する効果があり血行を促進してくれます。

※これを10セットほど行いましょう!
004_03
血行促進のためにはマッサージが効果的なので、毎日続けてくださいね。出来ればデコルテも含めて巡りを促進してあげるのが◎。入浴時に上記マッサージと併せて、首のリンパをさすって流してみましょう。

また血行促進効果のある「ビタミンK」などが含まれるスキンケアを使うのもオススメです。

まとめ

青クマは血行促進を良くすることが大切!身体を冷やすようなファッションや食事などにも注意が必要です。生活習慣の見直し&マッサージで血流をアップさせて、吸い込まれるような透明感のある目元を手に入れましょう♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル