鼻ニキビ 鼻は最凶のニキビ危険ゾーン

モテ子
鼻にニキビがあると、外出したくなくなるわよね。

鼻は最もニキビができやすいパーツと、実感している女子は多いはず。しかもおでこ以上に目立つにもかかわらず、隠すのも大変。マスクで覆うのも冬場ならともかく、夏は暑苦しくて辛すぎる…お願いなんとかして!

というあなたのために、今回は鼻ニキビ対策を伝授します。

鼻はニキビができやすい環境が完備されています

はほかのパーツに比べ毛穴が断然多く、なんと7倍も存在しています。それだけ密集していれば、皮脂の分泌量が多くなるのも当然ですよね。しかも鼻は、顔の中心にある上に立体的な部分なので、汚れもたまりがち。加えて紫外線の直撃によって一番日焼けしやすいのも鼻だし、手で触れる機会が多くニキビを悪化させる雑菌がつきやすいのも鼻。

つまりニキビができやすい環境が完備されているパーツが鼻というわけなのです。鼻ニキビは、それらの原因が積み重なって毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖して発生します。

さらに鼻ニキビには、小鼻の周りに細かい黒いブツブツが沢山できる「イチゴ鼻」と呼ばれるものもあります。毛穴のトラブルに分類されがちですが、あれはニキビの前段階。黒いブツブツは角栓といって、指でつぶしたり、毛穴パックを使った時にニュルっとでてくる、膿のような物体で、この角栓が酸化したものが黒ニキビです。

対策のポイントは毛穴の解放とUVケア

鼻のニキビのケアの第一は毛穴を詰まらせないことです。それには…

正しい洗顔

ぬるま湯で顔を濡らし、洗顔料をよく泡立ててから毛穴の中の皮脂や汚れとよくなじませ、浮き上がらせて洗い流します。小鼻はとくに丁寧に洗顔しましょう。

皮脂取り専用ペーパーの活用

洗顔料による洗顔は、朝と夜(あるいは帰宅後)の2回程度に抑え、特にテカリが気になる場合には、鼻の部分だけ市販の皮脂取り専用ペーパーで拭くのがお勧めです。洗い過ぎは肌が本来備えているバリアーとしての皮脂まで取りすぎてしまい、それを補うため、さらに皮脂が多く分泌されるという悪循環に陥るリスクがあるのでNGです。

皮脂取り専用ペーパーには、テカリや汚れをしっかりふき取り、ニキビも防いでくれるものや、メイクしていても使えるものなど、さまざまなタイプがあります。

UVケアを万全に

鼻はニキビの一因である紫外線を最も浴びやすいパーツ。UVケアは小まめに行うようにしましょう。UVケア商品は数多く市販されていますがニキビ肌にはやはり、アクネ菌と闘う処方の商品がベスト。ニキビを目立たせなくするカバー力もあるベージュタイプのものは、メーカーによって色が違うので、試用して、自分の肌色にあったものを探しましょう。合っていないと、白浮きして見えたりしてかっこわるいですからご用心。

毛穴パック後は忘れずに引き締め!

毛穴に詰まった角栓を除去するには市販の毛穴パックは有効です。ただし、角栓を取り除いた後の、毛穴引き締めケアをちゃんとしないと、開きっぱなしの毛穴から雑菌が入り込んで炎症を起こすリスクもあります。

毛穴パック後は、冷水でパッティングするか、冷凍庫で凍らせた濡れタオルで、毛穴を引き締めることをお忘れなく!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル