あご、口の周りニキビ 生理前にできやすい大人ニキビの代表

モテ子
触れちゃダメって言われると余計に気になるけどガマンよ!

あご口の周りにできるニキビは、いずれも大人ニキビに分類されます。ストレス体調不良によって出現するので、このニキビが出来たら不調のサインと受け止めて、自分を大切にするといいでしょう。

20代以降に悩む人が急増


あごや口の周りのニキビの主な原因は、ストレスやホルモンバランスの乱れ。大人ニキビの代表で、思春期よりも20代以降になってから悩まされる人が多いようです。
ニキビの原因となる皮脂分泌の増加が、性ホルモンのバランスと関与していることから、特に生理前にできやすくなると言われています。

加えて口の周りのニキビの場合は、胃腸障害ビタミンB群の不足などが関与していることもあるほか、ステロイド剤の副作用で生じるものもあります。副作用のケースは通常のニキビケアでは治らないので、いつもより治りにくいと感じたら、皮膚科の診断を受けるようにしましょう。

また大人ニキビではありますが、中高生でもできている人は大勢います。交友関係や受験など、思春期の少年少女が抱えているストレスは、大人以上の場合もあるでしょうから当然かもしれません。
あごや口の周りにできたニキビは、他のパーツにできるニキビに比べて治りにくく、治っても繰り返しできて慢性化しやすいのが特徴。充分なケアが必要なことは言うまでもありません。

ケアのポイントは正しい洗顔と体調管理

大人ニキビのケアで重要なのは体調管理、それとやはり正しい洗顔は欠かせません。

1.洗い残しの有無を鏡でチェック

丁寧に泡立てて優しく洗い、洗浄成分をしっかりと洗い流す。洗い過ぎは、天然の皮膚バリアーである皮脂を除去し過ぎ、逆に皮脂を過剰分泌させる原因になるので、1日2回程度に留める。…といった洗顔の基本は同様ですがさらに、あごのラインまでしっかりと洗い、洗顔料が残らないよう鏡でチェックしながらすすぐべきと強調しておきます。なぜならあごは意外と洗い残しがちな部位だからです。

2.クレンジングも完璧に

口の周りはともかく、あごのあたりはメイクのクレンジングも徹底できていないことが多々あります。メイクの落とし残りが、ニキビの原因となることもあるので、クレンジングはあごまで意識して完璧に行うようにしましょう。

3.食事に気を使う

特に口の周りのニキビは、他の部位以上に胃腸等のコンディションが関与している可能性があり、洗顔等の外側からのケアでは治りにくいようです。
胃を休める、ビタミンB群のサプリを摂取するなど、身体の内側から根気よく治すことも考えてください。
不足する栄養素を補うサプリメントの利用もおススメです。

4.気になっても触らない

知らず知らずにいじったり、つぶしてしまったりしがちなのがあごのニキビです。でもどんなに気になっても、手や指で、ニキビに触れるのは禁物。頬づえをつく癖がある人は特に気をつけるようにしてください。
・・・とはいえ癖というのは、自分ではなかなか気づきにくいもの。無意識に触れていないかどうか、身近な人に聞いてみるのもいいですね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル