シミ対策で、すっぴん美人に!

モテ子
すっぴんでがっかりされたくないわね。


肌に浮き出た褐色の点々=しみ。メイクである程度はカバーは出来るけれど、すっぴんになるとやっぱりガッカリしてしまいます。どうせなら「メイクが上手」より絶対「すっぴんキレイ!」とほめられたいし、自慢したいですよね。今回は、そんな女子のためのシミ対策特集です。

シミには種類があります

シミは、褐色のたんぱく質であるメラニン色素が大量に生成されたり、本来存在しない部分にできたりすることによって生じる後天的な色素沈着の総称。いくつかの種類があり、原因はもとより、それぞれの形状、出る場所、治療法も異なるため、ちゃんとしたケアをするには、そのしみがどの種類なのかを知ることが大切です。

主なシミには、「老人性色素斑」「肝斑」「ソバカス」「炎症後色素沈着」があります。

それぞれの原因と見分け方をご説明します。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性シミとか日光黒子(にっこうぼくろ)とも呼ばれます。シミの中でもっとも多いのは、紫外線が原因のシミ。ほお骨の高いところやコメカミにできやすく、数㎜~数10㎜ほどの大きさの平坦で丸い色素斑であることが多いです。通常40歳代以降に多くあらわれますが、色白の人やアウトドアでの活動が多い人の場合は20代後半からでもあらわれます。

見分けるポイント

  • 紫外線を浴びやすいほお骨の高いところなどにできる
  • 左右対称ではない
  • 茶色で輪郭がはっきりとした類円形をしている

肝斑(かんぱん)

頬骨や鼻の下、額に左右対称にでる濃淡の均一なシミ。30~40代の女性によく見られ、閉経とともに消えるので、女性ホルモンが関係していると言われています。また、妊娠中やピルの服用中にも出現しやすくなります。

見分けるポイント

  • 左右対称
  • 目のまわりを避けてできる

そばかす

小さな斑点が鼻を中心に顔全体や身体に散らばったように出ます。遺伝的なもので、小学生ころから出るのが普通です。米粒大までの不規則な形で、色は淡褐色。成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなることもあります。

見分けるポイント

  • 大きさは米粒大までで形も大きさも不規則
  • 頬や目の周り、そして腕や肩や背中などに散らばるようにできる

炎症性色素沈着

ニキビや外傷・火傷による炎症が治まった後にできるシミです。長い月日、年月をかけて徐々に自然に薄くなっていきますが、この年月は、顔で6ヵ月、背中やお腹の体幹・上肢で1~2年、下肢で3~4年とも言われています。

見分けるポイント

  • ニキビや外傷・火傷跡にできる

対策の基本は紫外線ケアとターンオーバーの促進

種類によって治し方には違いありますが、一方で、共通する対策もあります。

肌のターンオーバーの促進

肌の乾燥、ストレスや疲労、睡眠不足などにより、ターンオーバーが停滞すると、本来なら自然にはがれ落ちていくはずの不要になった肌細胞が、黒色メラニンを抱えこんだまま肌に残り、新たなシミができたり、治療効果をじゃましたり、シミを濃くしてしまったりします。

肌の潤いは、ターンオーバーをスムーズにさせ、古い角質といっしょにシミやくすみの原因となるメラニン色素(シミ)が排出されるのを助けます。潤いケア、ストレス・疲労の回復、睡眠は、シミ対策としても大切なのです。

紫外線ケア

老人性色素班も肝斑もソバカスも、紫外線の影響を強く受けます。日やけ止めや帽子・日傘などで、紫外線から肌を守るほか、紫外線の影響を肌に蓄積させないためのスキンケアは不可欠です。

身体のなかからビタミン補給

メラニンの生成を抑え、色素沈着を防ぐビタミンC、肌のターンオーバーを正常化するビタミンB2、血行を良くし、沈着した黒色メラニンの排出を促すビタミンE、体内の代謝をサポートするL-システインのように、シミにいいとされるビタミンの補給も、積極的なシミ対策にはお勧めです。

シミのないキレイな肌の「すっぴん美人」になるには、シミの種類を正しく見極め正しく対処するのが近道です。まずは鏡に向かって、自分のシミはどんなシミか、観察することから始めてみましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル