炎症性色素沈着 ニキビ跡のシミ、なんとかしたい!!

モテ子
憎きニキビ!跡まで残していくなんて許せないわ!

ニキビができたところがシミのようになって跡が残ってしまった、ニキビは治ったけど赤黒い跡が消えない…など悩んでいる女子は少なくないでしょう。それは「炎症性色素沈着」というシミの一種。適切なケアによって改善させることが可能です。

色素沈着の理由

そもそもなぜ、「炎症性色素沈着」できてしまうのでしょうか?
原因は2つあり、色によって分類できます。

茶色い色素沈着

ニキビが悪化して真皮の細胞が損傷を受けた結果、ターンオーバーが滞ってメラニンが排出されず、肌に定着してしまった状態です。女子にとってメラニンは悪役のイメージが強いのですが、実は紫外線など外部の刺激から肌を守ってくれる大切な存在。ニキビが炎症を起こし、いわゆる赤ニキビになると、その炎症から細胞を守るために大量のメラニンが生成されます。炎症が鎮まった後、ターンオーバーによってメラニンが正常に排出されれば問題ないのですが、そうでない場合、シミとして生涯残る危険性があります。

紫や赤黒い色素沈着

紫や赤黒い色素沈着は、血液に含まれるヘモグロビンが関係しています。ニキビの炎症が進行し、化膿して、いわゆる黄ニキビとなって肌の真皮まで傷ついてしまうと、真皮の中の毛細血管が破壊されて出血し、周辺の細胞に染み込んでしまうのです。その際、ヘモグロビンは酸素を失うと赤みを失うため、紫や赤黒いシミなって残ってしまうというわけです。ただ、このシミは、肌の清掃屋として働くマクロファージという細胞の働きで、徐々に目立たなくなっていきます。

改善・予防のケア

ターンオーバーを正常に

沈着した色素の排出には、ターンオーバーが正常に行われることが大切です。

  • 生活習慣を整え、ストレスや疲労をため込まないようにする
  • 肌が乾燥しないよう、潤いケアを念入りに
  • ピーリング効果のあるスキンケアで、ターンオーバーを促進する
  • 紫外線対策を万全にする

といったことを心がけてください。

ハイドロキノンの使用

色素沈着に高い効果が期待できる「ハイドロキノン」という成分が含まれた薬品の使用もお勧めです。ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれ皮膚科などで処方してもらえるほか、薬局などでもハイドロキノン配合の軟膏やクリームが販売されています。

※使用上の注意

  • ハイドロキノンを塗った後は、日光にあたらない。もし当たる場合には、UVケアをしっかり行うこと。
  • 海水浴のように1日中日光に当たる日は、使用しない。

ニキビを悪化させない

ハイドロキノンはニキビ跡の状態や個人の体質によって、あまり効果が認められない場合もあります。「炎症性色素沈着」は、予防こそが最善のケア。ニキビが炎症を起こすほど悪化する前に治療しましょう。ニキビに関しては、2008年にとてもいい薬(ディフェリンゲル)が認可され、皮膚科で安価に処方してもらえるようになっていますから、ぜひ受診してみてください。

「炎症性色素沈着」を治すより、ニキビの悪化を防いで、シミを予防するほうが簡単です。もしいまニキビとニキビ跡のシミの両方に悩んでいるのなら、ぜひニキビの治療に力を入れて、シミの予防に努めてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル