海やプール後のパサパサ髪、どう対策すべき?

モテ子
入らなければいいのよ。


海やプールで思いっきり遊んだ後って、どうしても髪がパサパサになってしまいますよね。いよいよ真夏だというのに、髪のダメージや不快感を気にして、心から満喫できないのはもったいないというもの!海水などから髪を守る方法をあらかじめ押さえ、美髪をキープしつつ楽しめてこそ、真の夏ガールです。今回は、海やプールなどで起こりがちなパサパサヘア回避術アフターケアについてご紹介!ダメージレスの美髪のままで、夏を思いっきり楽しんで☆

海やプールで髪がパサパサになるワケ

海やプールでほんの数時間遊んだだけで、髪がキシキシしたりパサついたり…多くの女性が経験したことのあるこの悩み。原因は、「塩素」「塩分」など、髪の大敵となる成分が、海やプールの水にはたくさん含まれているから。海水には、塩分だけでなく目に見えない細かな不純物も沢山含まれています。

アルカリ性の水に入るとキューティクルが開く

また、髪は弱酸性ですが、海水はアルカリ性。アルカリ性の水に入ると、キューティクルは自然に開く性質を持っています。
そのため、髪内部のタンパク質をはじめとする栄養素は水中に流れてしまい、無防備な髪は塩素などからの攻撃を受けることに…。このようにダメージを受けた状態で「紫外線」を浴びてしまうため、髪はものの数時間でパサパサに傷んでしまうのです。

プールの「塩素」もダメージの元

プールの水は中性付近ではありますが、消毒のための「塩素」が含まれています。これも海水と同様キューティクルを傷めるもの。髪から栄養も潤いも流れ出てしまい、パサパサのダメージヘアになってしまうのです。

もうパサつかせない!海やプールに入る前の事前対策

海やプールでの髪のダメージを防ぐには、事前にしっかりと髪を保護しておくことが重要です。アフターケアよりも、ダメージを受ける「前」にケアをした方が、髪にかかる負担が何倍も減ります。

トリートメントや髪用のUVスプレーを活用する


トリートメントUVスプレーを使用し、髪をあらかじめコーティングしておくことで、塩素や不純物が髪に直接触れるのを防ぐことができます。ただし、市販のオイルトリートメントは水に流れやすく、プールなどでは水質の悪化にもつながってしまうので、マナーとして使用をひかえるべき。オススメは、椿油など天然成分100%のオイルトリートメント!椿油には紫外線から髪を守る効果もあり、体に害が少なく人にも環境にも優しいオイルと言えます。

シリコン製のキャップをかぶる

シリコン製のキャップは、頭にぴったりとくっつき水が侵入しにくい構造になっています。海に入る前に、乾いた状態でしっかりとキャップをかぶれば、髪が濡れにくくなり、負担を減らすことができます。
ただし、市民プールなど公共の施設を利用する場合は、ルールを守って髪を洗ってから被りましょう。

美髪を保つにはアフターケアも重要!

忘れてはいけないのが、水から上がった後のアフターケア。次の3ポイントを意識するだけで、ヘアダメージを最小限に抑えることができます。

  1. すぐにシャンプーで洗い流す
  2. アウトバストリートメントは必須
  3. 髪をしっかりと乾かす

まず、髪についた塩素や不純物などをしっかりと洗い流しましょう。紫外線などの攻撃物にさらされた髪は、キューティクルが開いて内部の栄養が漏れやすい状態。洗った後は、アウトバストリートメントをたっぷりとつけて髪を保護してあげて。また、濡れたままの髪を放置してしまうと、潤い成分が蒸発し、乾燥ヘアにつながってしまうので、トリートメントでケアした後は、素早く髪を乾かしましょう。

髪のトラブルを防ぐには、ダメージを受ける前と後に適切なケアを素早くするのが最も効果的。少しのケアで、ダメージ知らずのすっぴん美髪をキープできるので、みなさんもぜひ試してみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル