夏でも自炊で健康ヤセ!お弁当を腐らせない方法

モテ子
「腐る」を理由に外食ばっかしてるとアナタの外見が腐るわよ。

ボディの露出が多い夏は、ダイエット意欲が上がりやすい時期。手作りの低カロリー弁当でダイエット中なんて女子も多いでしょう。でも、夏場のお弁当ってどうしても腐りやすいものです。そんな理由から自炊を諦め、コンビニ弁当を買ったり、外食に走ってしまう人も増えるのがこの季節。そこで今回は、夏場の健康的なダイエットのために知っておきたい「お弁当を腐らせない方法&便利グッズ」をご紹介します。

お弁当を腐らせないポイント

生野菜は入れない

生野菜は水分が出るので、なるべく入れないようにしましょう。基本的には、全て火を通した野菜を使用すること。ただし、煮物はとても腐りやすいので避けた方が無難でしょう。

素手でおにぎりを握らない

おにぎりを握るときは、雑菌の繁殖を防ぐために、サランラップを巻いた状態で握りましょう。手のひらと食材がつかないように気をつけて。

しっかりとおかずを冷ましてから入れよう

おかずが温かいままだと、蒸気が出るので腐りやすくなってしまいます。しっかり冷まし、水分が出ない状態になってから入れるようにしましょう。でも、朝の時間がない中でおかずを冷ますのは大変ですよね。そこでおススメは、前日に作って冷蔵庫で冷やしておく、もしくは冷凍しておくことです。切り干し大根やヒジキの煮物などを、アルミカップに入れて個別に冷凍し、翌朝凍ったままお弁当に入れるのもいいでしょう。

夏のお弁当におススメのおかず

梅干

梅干は昔から伝わる殺菌効果の高いおかず。ご飯にのせるのが最もメジャーな方法です。このほか、ご飯自体を「梅ごはん」にしたり、お酢を使って酢飯を作るのも、雑菌の繁殖を防ぐテクニック。美味しさもUPしますよ。

凍ったままの枝豆


凍った枝豆を保冷材の代わりに入れておくと、お昼時にはちょうど良く解凍されています。ただし、解凍後は腐りやすいので、お昼の時間が遅めの人には不向き。学校や会社のお昼の時間に合わせてトライしてみましょう。

ソーセージなどの加工品

ソーセージやハムなど、既に火が通っている加工食品をおかずとして入れるのも良いでしょう。先にも述べた通り、しっかり加熱し、よく冷ましてから入れることをお忘れなく☆

凍らせたカップゼリー

お弁当箱の端に、凍らせたカップゼリーや、わさび漬け、海苔の佃煮など、保冷剤の役割をしてくれる食品を入れておくのもおススメです。

お弁当を腐らせない便利グッズ

ワサビシート・衛生シート

スーパーや100均でも売られている「衛生シート」をお弁当の上にのせておきましょう。シートの効果で、雑菌などの繁殖を防ぐことができます。

保冷剤を入れる

保冷バッグに保冷剤を入れてお弁当を持ち歩くのがベスト。…ですが、重くて邪魔になる場合もありますよね。そんな時は、ケーキを購入した時などにもらえる「保冷剤」を添えるのがおススメ。30分から2時間保つものもあるので、お弁当の具材に合わせて使ってみましょう。

いかがでしたか?
おかずが一つでも傷むと、お弁当箱全体が臭ってしまい、もちろん味も台無しになってしまいます。
お弁当生活でダイエットに励んでいる女子の皆さん、蒸し暑い時期もお弁当を腐らせないテクを知って、更なる痩せ力&女子力UPを目指しましょう☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル