「すっぱい」は身体に良い!夏バテ気味のアナタが摂るべきものはコレ

モテ子
夏バテしてなくても積極的に摂り入れたいわね。


お盆も過ぎて、そろそろ身体もお肌もお疲れ気味…?そんな時におススメしたいのが「すっぱい食べ物」。すっぱい食べ物といっても色々あるけれど、この時期は何を食べるのが良いのでしょう?今回は、夏バテ肌やお疲れボディを救出してくれる食材と、なぜすっぱい食べ物が夏肌に効くのか、その理由をご紹介します。

すっぱい食べ物の代表「梅干」その効果は?


梅干に含まれる「クエン酸」といえば、疲労回復や美容効果が高いことで有名。また、梅干しを口に入れた時に、唾液が分泌されることにも注目してみましょう。この唾液には、消化酵素が含まれていて、消化や吸収を促してくれます。また、唾液には若返りホルモンとして知られる「パチロン」も含まれており、老化の原因となる活性酸素も消し去ってくれるパワーもあるんです。

すっぱい調味料の代表!「お酢」その効果は?


普段みなさんが口にしているお酢は、「穀物酢」「果実酢」「醸造酢」の3つ。この3種類のお酢は、それぞれ身体にとってプラスとなる働きかけをしてくれますが、そのなかでもよく知られているのは「新陳代謝の促進効果」。新陳代謝がアップし、血行が良くなると、もちろんお肌のコンディションは良くなります。また、脂肪や糖分を溜め込みにくい身体になるので、痩せ体質にも近づけます。特に「黒酢」は、他のお酢と比べてアミノ酸の量が多く、ダイエット効果は抜群。また、黒酢を水やぬるま湯で20倍に割って洗顔すると、ピーリング効果を得ることもできるんです。※ただし、お肌の弱い人は注意しましょう。

ちょっと飲みづらい「黒酢」の美味しい摂り方は?


黒酢が身体に良いことは知っていても、クセがあって苦手という人は多いもの。ここではそんな黒酢を美味しく摂れるプチレシピをご紹介します。黒酢は、普通のお酢と同じように飲むだけではなく、お料理にも使える優れもの。黒酢に薬味をいっぱい入れた特製の「タレ」を作って、餃子や揚げ物や蒸し料理の付けダレとして使いましょう。

黒酢ダレ

  • 黒酢:大さじ3
  • だし醤油:大さじ3
  • ごま油:小さじ1
  • すりおろししょうが:小さじ1/2
  • ネギ:お好みで
  • ゴマ:お好みで
  • 一味唐辛子:お好みで

超簡単!作り方

  1. みじん切りにしたネギをボウルに入れ、その他の材料をすべて投入!
  2. よく混ぜたら出来上がり~☆

このレシピでも黒酢のクセが気になる方は、最後にレモンの絞り汁を少々加えてみましょう。
「すっぱいものが夏には良い!」と分かっていても、すっぱいものが苦手だと摂りようがないと思っていませんでしたか?ちょっとのアレンジを加えるだけで、酸性の食材も酸味なく摂り入れることができます。バテないヘルシー美肌とボディをキープすべく、この夏はぜひ、食卓に「すっぱい食材」を仲間入りさせてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル