ストレッチはダイエット効果がある?

モテ子
またラクしようとしてるわね。たまにはいいけどストレッチだけしてもやせないのは覚えておきなさい。

ストレッチを習慣にし、柔らかい体を手に入れればやせやすくなるのは本当です。その理由は、筋肉や関節が柔軟に動く体は、可動域が広くなり体をダイナミックに動かせるため、運動の際はもちろん、日常生活においても消費エネルギーが多くなるから。

また、体がスムーズに動くので運動が苦痛ではなく継続しやすい点もポイント。

さらには、柔らかい筋肉は血液循環が良くなるので、エネルギー代謝が活発になり脂肪がつきにくい体になるというわけです。

では次に、無理なく効果的なストレッチを行い、徐々に柔らかな体にする方法をご紹介しましょう。

まずストレッチの前に、硬い関節周りや筋肉をマッサージし、しっかりほぐすことが大切。血行がよくなりほぐされた筋肉は伸びやすくなるので、ストレッチの効果を最大限に引き出すことができますよ。

ストレッチを行う際、特に女性は「骨盤」「股関節」「肩甲骨」の3箇所を重点的にほぐすのがコツです。この3つのストレッチをご紹介します。

骨盤を左右に回すストレッチ

  1. 両脚を腰幅に開き、腰を左回り⇔右回りと各5回ゆっくり回します
  2. この時、常にお腹周りは意識して行いましょう

歪みが矯正されることで背筋の筋肉もしなやかになり、お腹周りのムダな脂肪も徐々にシェイプされる効果が。

脚の付け根を伸ばすストレッチ

  1. 両膝を90度に曲げて床につけてから、右脚を前方に踏み出します(右膝は90度のまま)
  2. 左手で左のつま先を持ち、かかとがお尻につくまで引いて左の股関節前を伸ばします。逆の脚も同様に行いましょう


足の付け根を伸ばすことにより、股関節の柔軟性が向上し、リンパの流れが良くなり、冷えやむくみなど女性にとっては辛い悩みが解消されていきます。

両腕を上げ後ろに回すストレッチ

  1. 両腕はずっと伸ばしたままで、耳の横~後頭部の後ろ~後ろ斜め下を通って元の位置(耳の横)まで戻す動きを5回程度行いましょう
  2. 肩甲骨をグルリと1回転させるようなイメージで腕をゆっくり回すのがポイント

両腕を回すことにより、肩甲骨の可動域が広がり、背中の贅肉がスッキリする効果が期待できるでしょう。

ストレッチは、デスクワーク中や寝る前など、手軽に行うことができるので、是非ライフスタイルに取り入れてみて下さいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル