季節の変わり目!夏バテ肌はこれでリセット

モテ子
お肌まで夏バテなんて、根性無いわね。


気をつけていても毎日浴びてしまう紫外線。身体の疲れもさることながら、夏の終わりのお肌は、かなり疲労がたまった状態です。度重なるダメージで、お肌のターンオーバーも乱れに乱れているこの季節。簡単ケアでぐったりとした夏バテ肌をしっかりリセットしちゃいましょう。

えっ、老けて見えちゃう?!夏バテ肌

夏の紫外線は1年で1番強力。日焼け止めなどで対策していても、お肌は大きなダメージを受けています。紫外線を浴びてしまうと、肌内部の水分が不足して、カラカラの砂漠肌に…。さらに、季節の変わり目は自律神経が乱れやすく、それに伴い新陳代謝も低下して、ターンオーバーは大きく乱れる傾向にあります。ターンオーバーが乱れると、古くなった角質がお肌に残ってしまい、シミシワくすみの原因となります。また、大人ニキビの原因になるのもこのお肌の疲れ。この時期は、優しく適切なお手入れが不可欠なのです。

毎日の洗顔で角質すっきり

泡で優しく洗い上げて

お疲れモードのお肌は、非常に敏感な状態。スペシャルケアをするのではなく、まずは「毎日の洗顔」を見直しましょう。ごわついた角質を落としてすっきりしたいからと言って、ごしごしこすりすぎるのはNG。もこもこに泡立てた泡をクッションのようにして、刺激を与えずに洗い上げるのが大切です。うるおい成分が配合された、低刺激の洗顔料を使うのがおすすめ。
ジェルなどを使ったピーリングも角質を落とすためには効果的ですが、刺激が強いため、弱った肌への使用は避けた方が良いでしょう。

夏バテ肌にはしっとり保湿が命!

水分を失った夏バテ肌には、毎日の保湿ケアも大切です。特に、日焼けをしてしまったあとは、低刺激のオイルが効果的。赤ちゃんのお肌にも使えるベビーオイルを、入浴中に薄く伸ばしてマッサージをすると、お肌の保湿をしながら不要な角質だけを落とすことができます。お風呂上がりには、化粧水をたっぷりつけて、いつもの美容液と乳液をしっかりと馴染ませて。お肌が敏感な状態の時は、スキンケア用品を変えないことも重要です。

夏バテ肌は”温め”で復活させよ

蒸しタオルで細部まで温めケア

水分を失ったお肌の代謝は悪くなるもの。化粧水などでのスキンケアも必要だけど、そのままではせっかくの有効成分がお肌に吸収されないことも。そんな時は、お肌を温めて、吸収力を取り戻すサポートをしてあげましょう。濡らしたタオルをラップに包んでレンジで30秒温めると、ほかほかの蒸しタオルになります。これを、熱すぎない程度に冷まして顔全体を包むイメージでのせ、じんわりと温まるまでおいておきます。まぶたや鼻など、普段あまり気をつけてケアをしない部分までしっかりと温まるので、顔全体のお肌が生き返るんですよ。

お疲れ肌に効く食べ物って?

キウイは皮ごと食べたほうが良いってホント!?

夏バテ肌をつやつや肌にリセットしてくれる食べ物は、フルーツ類。ビタミンをしっかり摂ると、お肌の再生力が高まります。特に、ビタミンが豊富なキウイを、あのザラザラとした皮ごと食べるのがおすすめ。皮部分は栄養価が高く美肌再生に効果的なので、抵抗がある人はミキサーにかけるなどしてトライしてみて。もちろん、バランスのよい食事をとることが美肌作りの基本ですから、1日3食規則的にごはんを食べることも重視してくださいね。

内側からキレイになる、美肌ごはんとは


夏の間、紫外線を直に浴び続けたお肌は、身体の内側からきちんとケアしてあげたいもの。けれど、この時期は内臓も夏疲れモードになってしまうことも多いのが事実。まずはしっかり栄養を吸収できるように、体内環境を整えてあげるのが大切です。弱り気味の消化器は、温かいスープ温野菜で癒してあげましょう。
女性ホルモンの働きを促し、新陳代謝を高めてくれる豆腐などの大豆製品を摂るのも効果的です。胃が回復してきたら、身体を温めて、代謝をあげてくれるショウガ唐辛子類を摂ると、汗をかくのでお肌も元気になりますよ。

夏が終わってもまだまだ今年のイベントはたくさん!秋冬のイベントシーズンに向けて、肌のキメをしっかり整えておきたいところ。お肌が喜ぶマイルドケアで、夏バテ肌をしっかりよみがえらせてあげましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル