ニキビ跡にはグリーン系!お悩み別・コンシーラーの色選び

モテ子
「顔が疲れてるね」は「老けてるね」と同義だと思いなさい。


お肌の悩みを隠してくれるコンシーラー。便利だけど、使いこなすのはなかなか難しいもの。色が浮いてしまう、しっかり塗ってもクマニキビを上手くカバーできない、そんな経験のある方もいるのでしょう。そこで今回は、お肌の悩みに合わせた色選びや使い方をご紹介します!クマの種類や塗る場所に合わせて上手に使い分け、ワンランク上の美肌を手に入れましょう。

コンシーラーの役割

コンシーラーは、ファンデーションの一種。部分用のコスメであり、普通のファンデーションよりカバー力が高く、シミやソバカス、クマ、ニキビなどの肌トラブルを隠してキレイなお肌にしてくれます。
また、ベースメイクの調整にも使用可能。剃ったあとの眉の青みを消したり、唇の輪郭を整えて口角を上げてみせたり、鼻筋に使えば丸い鼻をすっきりとした高い鼻に見せてくれる効果も。コンシーラーを上手に使えば、顔全体の印象がぐっと上がるというわけです。

ニキビ・ニキビ跡を隠すならグリーン系

赤ニキビや、赤みを帯びたニキビ跡をカバーするなら、グリーン系のコンシーラーを使うのがおすすめです。赤みの強くないニキビの場合は、イエロー系やベージュ系の色でもカバー可能。イエロー系やベージュ系のものを使う場合は、自分の素肌と同じか、やや明るめのトーンを選ぶとしっかりカバーできますよ。

色素沈着、茶クマ対策にはイエロー系

顔全体の印象を暗くして、疲れた雰囲気を出してしまう「クマ」。コンシーラーを使って、しっかりカバーしちゃいましょう。化粧品などの色素沈着による「茶クマ」を隠すなら、イエロー系もしくはベージュ系のコンシーラーをチョイスしましょう。

柔らかめのテクスチャーがおすすめ

暗い色味のクマには、柔らかめのコンシーラーを使用するのがおすすめです。ダークトーンを打ち消すことでキレイにカバーできるので、クリームタイプかゆるめのテクスチャーのスティックコンシーラーを使うといいですよ。

青クマ対策にはオレンジ系

冷えや寝不足、疲れによって現れる「青クマ」には、オレンジ系のコンシーラーがおすすめです。こちらも、柔らかめのコンシーラーを使うと皮膚にきれいに馴染みます。スティックタイプのコンシーラーが便利ですが、筆でつけるタイプのコンシーラーはカバー力が抜群。慣れるまではちょっぴり難しいけれど、目の下のような柔らかい部分のクマも薄付きでしっかり隠れるので一度試してみて。

シミやそばかすにはちょっぴり暗めのコンシーラーを

シミやそばかすをカバーしたいときは、自分のお肌の色より少しだけ暗めのコンシーラーを使うのが鉄則です。明るい色を選ぶとお肌から浮いてしまい、シミやそばかすの色である黒や茶色は消すことができません。

素肌だけでなくファンデとの照らし合わせも重要

コンシーラーの色選びの際には、本来の肌の色だけでなく、いつも使っているファンデーションの色と比べてみるのも大切です。明るめのファンデーションを使っている場合は、コンシーラーもそれに合わせて少し明るめのものを選ぶと、色浮きしないキレイな肌を作ることができます。

小鼻の赤みを隠すならグリーン系

小鼻の赤みをカバーするなら、グリーン系を使うのがベスト。広範囲でない場合や、赤みが薄い場合にはイエロー系やベージュ系のコンシーラーを使うのもOKです。小鼻は普通のファンデーションでもある程度カバーできる部位ですが、重ね塗りしすぎてしまうとニキビの原因になってしまいます。また、皮脂の分泌量が多く油分が溜まりやすいため、ヨレやすいパーツでもあります。コンシーラーを薄塗りして、赤みを覆いつつ美肌を維持しましょう。

コンシーラーでコンプレックス知らずに

肌トラブルやクマ悩みをなかったことにできるコンシーラー。慣れてきたら、冒頭でも触れたように唇の形を整えたりと、ワンランクアップテクに挑戦してみるのも良いでしょう。顔の印象が変われば、メイクの幅も広がります。ご自分に合った色のコンシーラーをいくつか揃えておくと重宝しますよ。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル