最旬顔にアップデート☆2015秋のトレンドメイク大研究

モテ子
去年の秋冬コレクションは捨てなさい


ファッションとメイクは、気温や景色が移り変わる前にチェンジするもの。まだ夏メイクのまま出かけている人は、そろそろ秋モードに衣替えすべきかも!でも、今年の秋メイクは、春や夏に流行を巻き起こしたメイクと一体どう違うのでしょうか。
今回は、季節の変わり目である今チェックしたい「夏メイクと秋メイクの違い」をご紹介します。秋を一歩先取りした最旬顔に生まれ変わりましょう。

ベースメイク編

夏は素肌感 秋は艶感

今年の春夏は、「素肌感」を重視したすっぴん風のヌードメイクが主流でしたね。BBクリーム(CCクリーム)の上にパウダーをはたくだけといった方も多かったのではないでしょうか?対するこの秋からの主流メイクは、潤いや艶やかさを意識してある程度しっかりと作り込む「ツヤ肌メイク」。艶感のあるリキッドやクリームファンデを買うのももちろんOK。
裏ワザとして、化粧下地やBBクリームに美容オイルを混ぜてツヤ肌を作るという方法もあります。この場合は、ファンデの使用は控えめに。
仕上げにハイライトをふわっと入れて、立体感を出すのもGOOD。ただし、ベースメイクは相変わらず「ナチュラル」がキーワードになってくるので、厚塗りやテカりすぎにならないよう気を付けましょう。

アイメイク編

この秋はチョコレートカラーの目元に

いよいよ、目元を彩る季節が巡ってきました。春夏には、アイメイクを極力抑えた引き算メイクやおフェロ顔メイクが流行し、物足りなさを感じていた女子も多いのでは?
今秋のトレンドカラーの中でも、まぶたタイプに関わらず使いやすいのはショコラブラウン。有名ブランドからチョコレートをモチーフにしたパレットが発売されるなど、「ショコラメイク」はかつてないほど人気を博しています。

カーキ・オレンジブラウンで周囲と差をつけて


王道ブラウンら少し離れ、旬メイクをもっと楽しみたいという方は、日本人の肌と相性の良いカーキや、オータムファッションを引き立ててくれるオレンジブラウンのアイシャドウを使ってみて。各ブランドから続々発売されているカーキシャドウは、重たいまぶたを引き締めてくれるので、一重さんや奥二重さんにもおすすめです。
アイライナーは、上品なネイビーに注目が集まっている模様。ネイビーライナーはオレンジブラウンシャドウとも相性が良いので、秋のカラーメイクを極めるために、1本持っていて損はないですよ♪

リップ&チーク編

ベリーカラー×青みチーク

鮮明な赤リップやジューシーなオレンジグロスはそろそろ封印。今秋の注目リップカラーその1は、深みのあるベリーカラー。ボルドーやバーガンディ、やや紫がかったディープなローズレッドなどがベリー系のリップカラーに該当します。これらは青みがかった赤色なので、チークも合わせて青みピンクを選ぶのが吉。ベリーリップ×青みチークの組み合わせは、お肌の色がブルーベースの方に非常に良く似合う配色です。

チョコリップ×柿色オレンジチーク

ベリーカラーが似合わない…とお悩みの方におすすめしたいのが、今秋のもう一つの注目カラー、ブラウン系リップ!アイメイクだけでなく、リップメイクにおいてもショコラカラーが人気を集めているんですね。「茶色の口紅!?」と驚かれるかもしれませんが、くちびるにのせると落ち着きある大人カラーに替わるのでご安心を。シックでヌーディなベージュブラウンから、深みあるブラウンレッドまで幅広い色味があるので、アナタのイメージや肌に馴染むものを選んでみて。パーソナルカラーが「秋」の方にとっては、運命の一色になるかもしれません。

チョコリップは、トレンドの柿色オレンジチークとの相性も抜群◎柿色オレンジチークは、色白肌にも日焼肌にもしっくりと合う主張度低めの優しいカラー。リップカラーに合わせてチークも変え、イメージチェンジを楽しんでみてくださいね。

彩り豊かな2015年の秋メイク。コスメ好きさんにとっては、嬉しい流れが来ているのではないでしょうか。木々が色づくように、秋はファッションもメイクも様々な「色」を楽しめる季節。これまで挑戦できなかったカラーも、この機会にぜひトライしてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル