歯磨きだけじゃ足りない!口臭を悪化させる習慣

モテ子
マウスケアは女子の義務よね。


楽しくおしゃべりをしているとき、ふと自分の口臭が気になったことはありませんか?せっかくの楽しい時間なのに、口臭が気になっていては会話も思いっきり楽しめませんよね。
実は口臭の原因は、日常生活の中のほんの些細なことがほとんどなんです。そこで今回は、気になる口臭の原因と予防方法についてご紹介します。

日常生活に潜む口臭の原因とは?

口臭の原因は非常にたくさんあります。しかしそのほとんどが、普段の生活の中のちょっとしたことがきっかけなんです。

舌苔の汚れ

歯垢と同じく、舌にも舌苔(ぜったい)という汚れが付着しています。この舌苔をケアしないまま放置し続けていると、口臭の原因となってしまいます。ただし、舌はとてもデリケートなのでケアしすぎにも要注意です。

口の中の乾燥(ドライマウス)

唾液の分泌が少なかったり口の中が乾燥すると、細菌が増殖して口臭が発生しやすくなります。口呼吸や口が開いたままなど、普段の癖が原因の場合も。

虫歯、歯周病

虫歯や歯周病が進行することで、歯や歯ぐきの隙間に汚れが溜まりやすくなったり、炎症が起きて口臭の原因となります。

歯磨き時の磨き残し

丁寧に歯磨きをしていても磨き残しがある場合も。そこから雑菌が繁殖し、臭いが発生してしまいます。

効果的な口臭対策で爽やかな息に!

口臭を防いでいつも爽やかな息を保つためには、普段の食事歯磨きなどが重要。日々何気なく行うこれらの行為が1番の口臭予防策と言っても過言ではありません。すぐにでもできる口臭対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

朝晩と毎食後、まずは丁寧な歯磨きを


虫歯や歯周病、磨き残しなどを防ぐためにも、まずは丁寧な歯磨きを心がけて。寝ている間に菌は増殖しやすいので、寝る前と朝起きたときの歯磨きは特に念入りに行って、口の中に汚れを残さないようにしましょう。

舌ブラシで舌苔のお掃除

舌苔を除去するための専用のブラシで、舌磨きを行いましょう。口臭だけでなく、口を開けたときに綺麗な色の舌が見えると、それだけでとても清潔感が感じられます。1日1回、ソフトタッチで行ってみてくださいね。

こまめなうがいで唾液の分泌を促す

うがいをすることで、唾液の分泌が活発になります。また、少しの汚れや食べカスならうがいで除去できるのでオススメ。キシリトール入りのガムを噛むことでも効果が期待できます。

歯医者さんでの定期的なクリーニングを

自己流の歯磨きにはどうしても限界があります。そのため、定期的に歯医者さんに通って、歯垢や歯石を取り除くクリーニングを行うことも一つの方法。正しい歯磨き方法や、自分の口の中のどこに汚れが溜まりやすいかを聞くことができるため、口の中をより清潔に保つことができます。

口臭って、意外と自分よりも他人の方が気づきやすいものなんです。友達や彼に「クサイ…」って思われないためにも、日常的に口臭予防を行っておきたいですね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル