ヨガ・ピラティスで自律神経強化!

モテ子
自律神経の前に、その図太い神経治せってみんな思ってるわよ?

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしているもの。つまり、意識してもできないことを担当するのが自律神経です。

眠っている時に呼吸する、血液を流す、胃で食べ物を消化する、腸で栄養を吸収する、老廃物や疲労物質を集めて便や尿で排泄するなど、これらは全て自律神経のおかげです。

そんな自律神経が乱れるとどうなるのか?

まず、自律神経とは、次の相反する2つの神経から成り立っていることを覚えておきましょう。

  • 交感神経・・・活動・緊張・ストレスを感じている時(おもに昼間の活動中)
  • 副交感神経・・休息・修復・リラックスしている時(おもに夜間の睡眠中)

この2つがバランスよくはたらいていれば、いつも健康でいられるのですが、現代人はこの2つのバランスが乱れがちで、それが、「なんとなく不調」「不眠」「疲れ」「頭痛」「ダイエットがうまくいかない」といった症状を引き起こします。

主に自律神経の乱れの原因となるのは、職場の人間関係、仕事のプレッシャー、通勤、不規則な食生活、睡眠不足、猛暑、花粉、シャワーだけの生活、パソコンやテレビなどの過剰使用などで、このようなストレスの多い毎日が交感神経ばかりを活性化させ、自律神経を乱してしまうのです。

ストレスを受ける→交感神経が優位になる→体が緊張する→栄養・酸素・体温が行き渡りにくい→体の修復が進まない→調子が悪い という悪循環を断ち切るためには、交感神経が優位になった体の緊張をほぐしてあげることが大事です!

そこで役立つのが、ヨガやピラティスの呼吸法やエクササイズです。

ヨガは腹式呼吸を行うことで、体をリラックスさせる効果があり、その呼吸に合わせてポーズをとることで、ストレッチ&柔軟性のアップにつながり、全身の血行がよくなります。

ピラティスは胸式呼吸を行うことで、体をリフレッシュされる効果があり、その呼吸に合わせてエクササイズを行うことで、全身のコントロール&コアの強化につながります。

いずれもゆっくりとした呼吸を行うことで自律神経のバランスが整い、体の緊張がほぐれ、血液が全身にくまなく行き渡り、体全体が軽くなったような清々しい気分を味わうことができます。

3_6_20

ヨガのポーズによって自律神経のバランスを整えるには「木のポーズ」がオススメです。

まず、右足の指をできるだけ開いて、重心をできるだけ広い面でとります。次に左脚を右脚の太もものつけねにピッタリと付け、両手を頭上であわせた状態でバランスをとります。

ピラティスで自律神経のバランスを整えるには「胸式呼吸」を繰り返すのがオススメです。

横隔膜を横と後ろに大きく広げるように鼻から息を吸い、今度は、その横隔膜を中央に集めるように口から息を吐き出します。

横隔膜がスムーズに動くと、自律神経のバランスが整っていくので、ちょっとイライラしたりする場合は、この呼吸法を繰り返してみましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル