夏より汗が臭うって本当?冬の汗の原因と対処法

モテ子
第一印象は見た目よりニオイで決まるの。冬こそ油断禁物よ。

屋内に入ってコートを脱いだら、なんだかモワッと臭う…。冬は暖房で空気がこもってしまうため、汗のニオイが室内に充満しがち。また、恐ろしいことに、冬こそ汗のニオイがキツくなりやすいんです!女子たるもの、冬でもしっかりとした汗対策が必要です。そこで、今回は冬に気をつけるべきニオイ対策についてご紹介します。冬のニオイ悩みに振り回されぬよう、しっかりと対処テクを身につけましょう。

冬の汗が臭いやすい!その原因は?

冬のニオイの原因は、汗をかいて体が蒸れてしまい、雑菌の繁殖が広まること。嫌なニオイの原因は、こんなところにありました。

蒸れやすく、汗が蒸発しにくいから

夏に比べて衣服を何枚も重ねる冬。ニット製品や厚手の下着、化学繊維を使用したタイツなどは、通気性が乏しく汗が蒸発しにくいのです。そのため、衣服の中が必然的に蒸れやすい状態になってしまいます。この状態が長時間続くことで、汗や衣服に含まれる雑菌が繁殖して、ニオイ悩みの原因をつくってしまうのです。

実は冬の方が代謝が高くなる!

冬は代謝が下がりやすいと思いがちですが、実は夏よりも冬の方が新陳代謝が活発になります。冬は気温が低くなるため、体が体温を保持するために新陳代謝が高まり、知らず知らずのうちに汗をかいていることも多いんです。

寒さで運動不足がちになること

寒くなるとついつい家にこもりがちになり、運動不足に陥りがちになりますよね。運動不足になると同時に体が自発的に汗をかくことが少なくなるため、汗腺の機能も衰えてしまいます。衰えてしまった汗腺は汗に含まれる塩分を体内に残しておくことができず、体外に排出してしまいます。これがニオイの原因に。
サラサラではなくベタベタした汗をかいている人は汗腺が衰えているのかも!冬でも適度な運動を習慣にして。

ニオイの原因となる冬の汗ムレ、効果的な対策テクって?

制汗剤などのアイテムを駆使することも一つですが、汗を抑えるだけではニオイまで抑えることができません。日常生活の中でニオイ悩みを解決するには、どのような方法があるのでしょうか?

屋内に入る前に上着を脱ぐ

上着を着たまま屋内に入る時や温度の高い満員電車に乗った時ほど、じっとりと汗をかいてしまいやすいもの。体温調節が上手くいかず汗をかいてしまい、蒸れの原因をつくってしまうのです。そこで、温度の高い屋内に入る前に、上着を一枚脱ぐように習慣づけて。意識的に体温調節を行うことで不快な汗を防ぐことができます。

冬でも速乾タイプの下着を使用する

寒さ対策の必需品である保温性の高い冬用下着。冬のお助けアイテムですが、汗対策には不向きな場合も。そこで、夏に活躍した速乾タイプの下着を着用するのも一つの方法。蒸れやベタつきを抑えて汗・ニオイの両方の対策につながります。保温と速乾の両方を兼ね備えた高機能インナーもあるので、自分の体に合ったものを選んで。

防寒はマフラーで!首元の詰まった服は避ける


首元を温めるハイネックやタートルネックのトップス。首元は暖かさを感じやすいため寒さ対策にはピッタリですが、屋内では体温調節がうまくいかずに汗の原因に。普段は首元の開いたトップスを着用し、外出時にはマフラーを使用するなど、必要な時だけ防寒し、急な体温の上昇を防ぎましょう。首元を冷やすと風邪をひきやすいので、十分に気をつけましょう。

毎日のこまめなケアと冬の適度な運動が必須!

蒸れやすい、汗が乾きにくい…ということは、それだけ雑菌の繁殖も広がりやすいということ。ニオイの元はこの雑菌の繁殖によるものなので、毎日の入浴時にこまめなケアが大切です。汗のかきやすい部分はしっかりと洗う、お風呂上がりにはワキやデリケートゾーンにベビーパウダーをつけるなど、冬でもこまめなケアを行って。また、室内でできるエクササイズなどを取り入れて、運動も積極的に行いましょう。汗をかくことを体に習慣づけて、ニオイのないサラサラな汗をキープしましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル