セルライト特集:ウエスト対策

モテ子
グータラなあなたは、とりあえずシルクの腹巻きするところからはじめてみたら?

ムニュッとつまんだウエストのお肉に、デコボコのセルライト発見!キュッと美しいくびれが欲しいのに、セルライトはいらない…。

今回は、ウエストのセルライト、徹底解消法です!!

ウエストの筋肉について

ウエストのセルライト対策、そしてしなやかなウエストをキープする上で、まずはウエストの筋肉についてのミニ知識を学んでみましょう。

ウエストの筋肉には、腹斜筋と腹直筋、そして広背筋があります。

腹直筋はお腹の筋肉を指し、内側には内臓脂肪、表側には皮下脂肪が溜まりやすく、その結果、セルライトがつきやすい部分です。効果的な引き締め法としては、有酸素運動が挙げられます。これにより、内臓脂肪に比べて落としにくいとされる皮下脂肪から、少しずつ落とす効果が期待できます。

腹斜筋は、お腹の横側、側面の筋肉を指し、こちらも脂肪がとても付きやすい部分。効果的な運動は、ねじりの動作やストレッチです。

広背筋は、背中の下半分の筋肉。背筋などで鍛えることで姿勢がよくなり、代謝アップ効果も期待大。お腹と共に鍛えれば身体のバランスも整い、さらにシェイプアップにも効果的です。

それでは、簡単にウエストの筋肉について知ったところで、早速セルライト対処法に入りましょう!

マッサージ&ストレッチ法

ウエストのセルライトは、ほとんどの場合、リンパ液の流れが滞ることが原因とされています。よってリンパ流れをスムーズにする対策法は、大きな効果を発揮します。

絞りマッサージ

3_6_28_03
  1. 両腕を、左脇を通って背中に回し、手をおく。(ウエストを左にねじりながら、できる限り遠くへと手をもっていきましょう)
  2. その状態から、お腹の方へギュ~っとお肉を絞るように前へともっていく。
  3. 10回繰り返したら、反対側も同様に行う。

1日2~3セットを目安に!

脇伸ばしストレッチ

3_6_28_02
  1. 両腕を耳に沿わせて真上へと伸ばし、左右の手の平を合わせる。
  2. 手を上に引っ張るイメージで伸び上がりながら、息を深く吸う。
  3. 息を吐きながら、そのまま右側へとゆっくり倒す。(左脇腹が十分に伸びるイメージで!身体が前に倒れないよう、意識をしましょう)
  4. 息を吸いながら元の状態へと戻し、続いて同じく左側へと倒す。
  5. 左右交互に5回ずつ繰り返す。

1日に5セットを目標に!

簡単ツボ押し

続いて、さらに老廃物排出を促すべく効果的なツボをご紹介しましょう。少々強めにプッシュすればさらに効果的!

3_6_28_01

腎愈(じんゆ)のツボ・・・背中側にあるツボ。おへその真裏から指2本分外側、左右対称の位置にあります。腎臓機能を活発にし、老廃物排出を促すことにより、セルライト改善、予防につながります。

ウエストに手を当てた際、自然と親指が当たりやすい位置にあるため、気付いたらプッシュする癖をつけるといいですね!

以上、3種の頼れるケアで美しいウエストラインに大変身!!

Q&A

Q:ウエストのセルライトはどうして付きやすいの?
A:ずばり、動かしやすい部分なのに、動かすことが少ないと、付きやすくなります。これは他の部分にもいえますが、ウエストは範囲も広く、内臓脂肪や皮下脂肪なども関係するため、さらに付く可能性が高くなるのです。逆にいえば、動かした分だけ付きにくくすることができる場所。例えば、気付いたら上体をねじる。これだけでも効果的。紹介したケア法などで、まずはよく動かすことを意識しましょう。

Q:他にもおすすめケアってある?
A:腹巻がおすすめです。手軽に冷えを防ぐことができ、代謝アップ~老廃物排出効果へとつながる、とても効果的な方法です。シルクや綿素材は身体にやさしく、さらに効果的に温めること身体を緩め、緊張も和らげてくれるため、おすすめの素材です。

試して納得の簡単ケア方法をピックアップしてみました。 是非この機会にお試し下さいね!!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル