チキンのトマトカレー

モテ子
胃弱な時に向いている感じの味ね…。
ダイエット中じゃない人は、ライスをバターライスにすると美味しいわよ!

ダイエットに適した野菜は?と聞くと、『トマト』と答える人も多いですよね!?そんなトマトに良く合うのはチキンです。トロトロに煮込まれた 柔らかいチキンとデトックス効果のあるハーブ&スパイスで、身体の中からスッキリしちゃいましょう!

材料の効果と働き

トマト

ダイエット目的でトマトを食べるのはいいのですが、夏野菜は身体を冷やします。身体が冷えてしまうと、脂肪を貯め込みやすくなってしまうので、スパイスが効いた温かいカレーで代謝を上げながら、上手にリコピンを摂取しましょう。リコピンの成分は、夏の日差しでダメージを受けたお肌を、美白化してくれる効果もあります♪

オレガノ

オレガノはイタリア料理やメキシコ料理で良く使われるハーブの一つです。トマトとの相性がとても良く、鶏肉独特の臭みも消してくれます。また、夏の暴飲暴食で弱った胃腸を整えたり、リラックス効果もあるので、疲れ気味な時・食欲不振の時に向いています。

『チキンのトマトカレー』のレシピ (ルーのみ315kcal)

トマトカレー3

材料

手羽元4本
しめじ半パック
玉ねぎ1個
トマト1個
500ml
(チキンを煮る為の水。チキンが水に浸るくらいで良い)
トマトジュース900ml(1本)
チキンコンソメ(固形)2個
オレガノ小さじ1
ガラムマサラ小さじ1
チリペッパー小さじ2
ターメリック小さじ1
パプリカ小さじ1
カルダモン小さじ1
塩コショウ適量

作り方

1
フライパンで鶏の手羽元に塩コショウを振って軽く炒めます。トマトカレー1
2
ある程度火が通ったら、鍋にお湯を沸かして、その中に投入します。
3
鍋にチキンコンソメを入れて、30分ほど煮込んだら、くし型に切った玉ねぎを投入。
4
しめじのいしづきを取ったら、鍋に入れてよく煮ます。(水分が減るくらいまで)
5
スパイスとハーブを全部入れたら、トマトジュースを入れます。
6
塩コショウで味を調えたら、しばらく煮込み続けます。トマトカレー2
7
途中、鶏肉を箸で差して、柔らかくなったのを確認したら火を止めます。
8
ざく切りにした生のトマトを投入します。
9
お皿にライスを乗せたら、トマトカレーソースだけを先に注ぎます。
10
チキンが崩れやすいので、上手にお箸で掴んでお皿に盛りつけて出来上がり♪

ポイント

今回は、鶏肉を美味しく食べる為に、長時間煮込むのがポイント。
良く煮込むことで、骨から肉がきれいにほぐれます。皮も美容に良い上に、味わいが深くなるので、取らないで煮込んで下さい。
トマトシチューみたいになってしまわないよう、ガラムマサラなどのスパイスを上手に調整して加えてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル