85.4%の女性が間違っていた!ブラの正しい付け方

モテ子
バストアップを目指す前に見直しなさい。


先日、大手下着メーカー、ワコールが20~40代の女性100人に調査をしたところ、85.4%もの女性がブラの付け方を間違えていたことが分かりました。毎日習慣のように付けているブラですが、間違えた付け方をし続けると、どんどん美しいバストから離れていってしまいます。もう一度、ブラの付け方を見直してみましょう。
(参考サイト:株式会社ワコールホールディングス「シンデレラフィッティングを体験!」/ブラジャーに関する「4つの問題点」)

どんどん美乳から遠ざかる。ブラが合っていないデメリット

ブラが合っていなかったり、付け方が間違っていたりすると、バストはどんどん悪い方向にいってしまいます。血流が悪くなることで発育が妨げられたり、左右のバランスや形がくずれたりするほか、肩こり姿勢にまで影響を与える可能性があります。美しいバストにするには、毎日付けるブラの見直しから始めましょう。

バストを持ち上げた状態で!正しい測定の仕方

まず正しいブラを選ぶには、自分のバストの正しいサイズを知ることが大切です。女性のバストは重力によって下垂しがちなので、普段持ち上げているバストの高さが本来のバストのあるべき高さであると考えます。
通常、バストサイズを図る時は、バストのトップとアンダーを測ります。本来あるべき高さを測るには、しっかりとバストを持ち上げた状態で測る必要があります。しっかりとしたお店では、立った姿勢のまま正しい高さを測ってくれますが、セルフで測る時は、90度に体をお辞儀させて測るとバストがしっかりと持ち上がっている状態で測ることができます。

正しいブラの付け方

ブラを選ぶ時には、試着して実際の付け心地を確かめるのが大前提です。ですが、正しくブラを付けないと、正しいブラを選ぶこともままなりません。一度付け方もおさらいしましょう。

  1. 身体を前かがみにして、ストラップを肩にかけ、カップの下側を持ちながらバストを入れる。カップ下にバストをしっかりと合わせるのがポイントです。
  2. 前かがみのままホックを止めたら、左手で左のカップを少し持ち上げ、右手で左バストを右肩方面に寄せる。反対側も同様。
  3. ストラップを調整する。

このような手順を踏むことで、バストが本来あるべき高さを維持することができます。では、いよいよブラを選びます。

ブラを選ぶときに気を付けたい3つのポイント


ブラはメーカーによって同じカップ数でもサイズが大きく異なる場合があるので、しっかりと試着をしてから選びます。ブラを選ぶ際のポイントは、以下の3つです。

  • 1.ブラが肌に食い込んでいないか

  • まずは、ブラの大きさです。肌に強く食い込み、外した後に跡がついてしまうようでは、バストの血流が悪くなり、発育を妨げてしまいます。谷間を作るためにあえて小さめなブラを付けるのも、もちろんよくありません。付けてみて、少しでも苦しいなと思ったら、サイズを見直しましょう。

  • 2.バージスラインはフィットしているか

  • バージスラインとは、バストの底辺の部分を指します。バージスラインがぴったりと合っているのが理想のブラと言われるほど、バージスラインはブラ選びで重要なポイントです。ブラのワイヤーがバストに当たっていたり、アンダーから浮いてしまっている場合は、ブラが合っていない証拠なので、サイズを見直しましょう。人によって形が違うので、自分に合ったものを探してみてください。

  • 3.体を動かしてもずれないか
  • 最後に、実際に体を左右にひねったり、腕を上げ下げしたりして体にきちんとフィットしているかを確認します。この際にブラがずれたり、窮屈に感じたりしたら、サイズを変えてみましょう。

ストラップがよれてきたら替える合図

ところで、みなさんはブラの替え時をご存じですか?ブラはたいして汚れないので、あまり買い替えないという人も多いと思います。ですが、ブラにだって寿命があります。目安としては、

  • ストラップの調節が効かなくなったとき
  • ワイヤーの形が変形してしまったとき
  • カップがよれてきたとき
  • タグが読めなくなったとき

などがあげられます。それ以外にも、ブラがずれるようになったなど、付け心地が変わったと感じたら、しっかりと新しいものを買い直しましょう。

毎日付けるものだからこそ、正しいものを正しい方法で

ブラは、家にいても出かけても、毎日付けるもの。当然、身体への影響も大きいです。こまめに気を使い、自分に合ったブラを正しくつけましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル