怠るとサビる!?メイク直しと肌サビの関係

モテ子
メイク直ししないなんて論外よ。


普段何気なく行っているメイク直し。でもその方法、実はお肌が“サビる”原因になっているかもしれません。メイク直しを見直せば、お肌のサビを防止して、メイクのもちも断然よくなります。そこで今回は、お肌がサビる原因正しいメイク直しのステップをご紹介します。

メイクを直さないとなぜ“お肌がサビる”?

“お肌がサビる”という言葉を聞くことはあっても、実際にどのような状態が“サビ肌”なのかを知っている人は意外に少ないのでは?金属は長期間放置しておくとサビてしまいますが、お肌でもそれと同じ現象が起こるのです。原因はズバリ「活性酸素」。毎日呼吸している私たちの皮膚が吸った酸素のうち、ほんの一部は活性化して活性酸素となります。さらに皮膚は、外的刺激からお肌を守るために皮脂を分泌しています。この皮脂を放置すると活性酸素が結びついて “酸化”を起こします。この酸化した皮脂がお肌の「サビ」。メイク直しを怠ると、皮脂と活性酸素が結びやすくなり、“サビ肌”が進んでしまうのです。お肌のサビを放置するとシミシワたるみなどの老化現象や肌荒れニキビ毛穴の黒ずみなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

ここが落とし穴!多くの人がやってる間違ったメイク直し

メイクを直しさえしていれば、お肌はサビないかというと一概にそうととも言えません。普段何気なく行っているメイク直しが、肌トラブルを悪化させる原因になっているかも!

あぶらとり紙で徹底的に皮脂をオフ


あぶらとり紙は不要な皮脂を取り除くには効果的ですが、一方で必要な皮脂まで取り除いてしまい、さらに皮脂の分泌も促してしまう恐れがあります。また、ペタペタと顔じゅうを抑えることで、メイク汚れや酸化した皮脂が別の場所に付着することも考えられます。

ミスト化粧水を振りかけただけのメイク直し

お肌の乾燥対策に、メイク直し時にミスト化粧水を使っている人も多いのでは?しかしミスト状化粧水は水分。使用後にきちんと保湿をしてあげないとお肌を潤すことはできません。そればかりか化粧水が蒸発するタイミングでお肌にあった水分も一緒に逃げてしまうため乾燥を助長させてしまい、肌を乾燥させまいとさらに皮脂を分泌させます。

サビ肌を防止するメイク直しステップ

正しいメイク直しをマスターして、サビないお肌を作りましょう。

油分をティッシュオフ

まずはお肌の余分な皮脂を取るためにティッシュオフを。顔にティッシュを1枚乗せ、一度だけ優しく押さえましょう。

乾燥している部分にだけ水分を与えて

目元や口元など乾燥が気になる部分にだけ化粧水をなじませます。水分が蒸発しないよう、必ず乳液などの保湿液をセットで使用して。潤い成分の高い化粧下地などを重ねるのもオススメ。

ファンデーションはブラシで

メイクを直す時は、ブラシを使ってふんわりとパウダーをのせる方が綺麗に仕上がります。スポンジではしっかりとのせることはできても、ヨレや他の部分との境目が目立って逆効果になる場合も。

くずれがひどい場合は乳液で一度オフ

過度にテカってしまったり、化粧くずれがひどい箇所は、一度その部分をメイクオフしてやり直したほうが結果的に速くきれいに仕上がります。コットンに乳液を含ませたら、やさしくなじませて拭き取ります。化粧水や保湿乳液をなじませたらそこからお直し開始!オフの時はゴシゴシ擦らずにやさしく拭き取ってくださいね。

皮脂を放置するのは肌サビの原因だとしても、取りすぎてしまうのもまたNG。大事なのはバランスです。肌にほどよい油分があれば潤いもキープされ、素肌もメイクもきれいに見せてくれます。ただ何気なくファンデを塗り直していた人は、これを機に“サビないメイク直し”を意識してみませんか?

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル