ブーツを脱ぐ時も焦らない!足ムレ・ニオイの予防法・対処法

モテ子
まずは自分の足のニオイに気づきなさい。

ブーツの季節ですね。一日が終わってブーツを脱いだ時、足のニオイやムレが気になることはありませんか?放っておくとますますニオイが気になるばかりか、水虫をはじめとする足の病気になることも。そこで今回は、ムレを予防してニオイのない足になるためのケア方法をご紹介したいと思います。

足のムレ・ニオイはなぜ起こる?

足のニオイの原因は、靴の中や足がムレることによって雑菌が繁殖してしまうことにあります。足は体の中でも最も汗をかきやすいパーツの一つで、特に冬に出番の多いブーツなどの革製品は通気性が悪く、また、タイツやストッキングも汗を吸収・乾燥しにくい化学繊維で作られていることが多いため、冬の足元はとてもムレやすく不衛生な状態になってしまうのです。

ムレを防いでニオイを予防しよう!

足のニオイ対策は、日々のこまめなケアが重要。普段から汗を吸収・発散しやすい状態を作ってあげることが大切です。

天然素材の靴下を履く

シルク綿などの天然素材の靴下は、吸水性が良く汗を効率良く発散してくれるのでムレを防ぐことができます。また、替えの靴下を持ち歩き、足のムレやニオイが気になったらこまめに履き替えることも大切です。また5本指の靴下を履くと指の間の汗を吸ってくれるのでおススメ。

足用デオドラントを使う

靴下やストッキングを履く前に、足用のデオドラントを塗り込んで。指の間や土踏まず付近は特に汗をかきやすくムレやすい部分なので、塗り残しの無いように。日中もこまめに塗りなおすのが効果的ですが、ストッキングなど簡単に脱ぐことができない場合は上からベビーパウダーをはたくだけでも効果があります。

靴を脱ぐ機会を作る

オフィスに着いたら室内履きやスリッパに履き替える、休憩時間はかならず靴を脱いで靴の中と足を外気に当てるなど、靴を履いたままの時間をなるべく減らしましょう。

足を洗う

どれだけ靴下やデオドラントに気を使っても、肝心の素足が不衛生では元も子もありません。汗をかきやすく雑菌が繁殖しやすい足の裏、指の間、爪の際などはお風呂で入念に洗いましょう。

靴自体のお手入れも忘れないで!

雑菌は靴にも繁殖しています。足のケアと同様に、靴のお手入れもこまめに行いましょう。

中敷を使う

汗を吸収しニオイを抑える効果のある中敷を使用し、ニオイや汚れが気になってきたらこまめに取り替える習慣を。

靴の中を乾燥させる

目には見えない部分ですが、靴の中は雑菌の温床。いくら足をケアしても、靴の中が雑菌だらけではいつまでもニオイは取れません。湿気がこもったままでは雑菌が増えるばかりなので、1日履いた靴は最低でも1日は休ませて靴の中をしっかりと乾燥させて。湿気を吸い取ってくれるシューキーパーを入れたり、陰干しを行うのも効果的です。

疲れて帰ってくるとつい足や靴のケアが後回しになりがちですが、きちんと対策を行っておけば足ムレやニオイに悩まされることはなく、お気に入りの靴も長持ちします。冬も丁寧なケアで快適な足もとをキープしてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル