スマホを見た後、手元がぼやける…は「スマホ老眼」の可能性あり!

モテ子
今これ見てくれている人、ありがとう。でも、もう少しスマホと眼の距離を離して。


スマホを見たあと視線を外すと、視界がぼやける…。手元の紙の文字が読めない…。そんな経験はありませんか?実はそれ、「スマホ老眼」かもしれません。

20、30代は要注意!スマホ老眼とは

スマホ老眼とは、スマホの使い過ぎで目を酷使することで、一時的に近くの物が見えなかったり、ぼやけたりするなど、「老眼」の症状が出てくることを指します。通常、老眼は40代頃から目の機能の低下によって起こる症状ですが、スマホ老眼は、20代~30代の若者たちの中で症状が見受けられるのが特徴です。

なんでスマホ老眼になってしまうの?

人間の目は、水晶体とよばれる部分の厚さを変えることで、ピントを調節します。その水晶体を動かす筋肉、毛様体筋は、使いすぎると一時的に機能が停止してしまいます。それにより、ピントの調節ができず、老眼の症状が出てきてしまいます。スマホは、小さい画面の中の小さな文字を読むので、毛様体筋にかなりの負担がかかっているんです。

今日から改善できる!3つのスマホ老眼対策


スマホ老眼は、通常の老眼と違い、あくまで一時的なもの。つまり、しっかりと目のケアをすれば、症状はきちんと回復します。ほんの小さなことに気を付けるだけで大きく変わるので、ぜひ今日から試してみてください。

1.最低でも30分に5分はスマホから目を離す

通勤時や暇な時間など、知らず知らずのうちに長時間スマホをいじってしまいがち。最低でも、30分に5分はスマホから目を離し、目を休ませてあげることが大切です。目を離している時は、窓の外の景色など、遠く、立体的なものを見ることがおすすめです。また、仕事は極力画面の大きいパソコンにする、就寝前はスマホをいじらないようにするなど、日常生活の中でスマホの使用時間を減らす工夫をしましょう。

2.目を温めて筋肉をほぐす

目の筋肉を直接ほぐすには、目を温めてあげることが効果的です。市販のホットアイマスクはもちろん、濡らして軽くしぼったタオルを電子レンジで10~20秒温め、就寝前に3分ほど目に当ててあげるだけでも十分目を温めることができます。

3.マッサージをする

目のまわりをマッサージしてあげることも、筋肉の凝りをほぐすのに効果的です。目のまわりこめかみ後頭部を指の腹で軽く押しながらマッサージをしてみてください。目のまわりの皮膚はとても薄いので、優しく行うのがポイントです。マッサージの際、眼球は押さないよう注意してください。

日々のケアで疲れを溜めない目に

スマホは必要不可欠と言っていいほど、今や私たちの生活に密接に関係しています。だからこそ、毎日しっかりと目のケアにも気を配る必要があります。しっかりとケアできていないと、老眼だけでなく、クマや目元のシワ、たるみの原因にもなりかねません。まだそんな歳ではないのに老眼の症状が出ているという方は、まずは自身のスマホの使い方を見直してみて下さい。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル