ブーツ女子は男性の6倍?!夏より冬に注意すべき足元のニオイケア

モテ子
におっていても教えてくれる人はなかなかいないわよ。


今の季節、毎日のコーデに欠かせないアイテムと言えば“ブーツ”。女子にとっては冬の定番アイテムですよね。けれど、お座敷の飲み会や彼の家で、ブーツを脱ぐ時にちょっぴりヒヤヒヤしてしまう人もいるのでは?制汗デオドラント「デオナチュレ」を販売している株式会社シービックが実施した調査では、20〜30代の女性の9割が“自分の足がクサい”と感じているそう。さらに、朝と夕方の足のニオイ菌を男女で比較したところ、男性(革靴✕靴下)の足元に潜むニオイ菌は、朝と比べて4倍に増殖。それに対し、女性(ブーツ✕ストッキング)の足元に潜んでいたニオイ菌は、朝に比べて23倍にも増殖していたんです!(※1)つまり、女性の足は男性よりも約6倍もクサくなりやすいというなんとも恐ろしい結果に…。そこで今回は足のニオイの原因についてと、女子力キープのためにも実践してほしいケア方法をご紹介していきます。

※1 2014年 シービック調査より

どうして足元がクサくなるの?ニオイの原因

この季節は特に、ブーツを愛用していると足先が蒸れてニオイがこもってしまいますよね。ニオイに悩むことなくブーツを履くためには、足の汗ケアが鍵を握ります。なんと、足の裏は1日にコップ1杯の汗をかくと言われているんです!さっそく汗について詳しく見ていきましょう。

におう汗とにおわない汗がある!


私たちの身体には、“エクリン腺”と“アポクリン腺”の2種類の汗腺(汗の出口)が存在します。このうち、エクリン腺から出る汗は、成分の99%が水分であるためサラサラしていて無臭です。一方、アポクリン腺は、脇の下や耳の穴、デリケートゾーンなど、身体の一部だけに分布している汗腺で、ここから出る汗は「ワキガ」や体臭の原因となるキツいニオイを発生させます。しかし、足の裏に集中しているのは前者の “エクリン腺”の方。 ではどうして、足がにおってしまうのでしょう?

あわせて読みたい

サラサラ汗も放置は厳禁

前述した通り、足裏には“エクリン腺”が集中しています。この汗腺から出た汗は無臭なのですが、この汗を放っておくことが悪臭の原因に。足の裏に汗が溜まってしまうことで、私たちの身体に住んでいる菌(皮膚常在菌)が汗を分解し、悪臭の原因を作ってしまうのです!皮膚常在菌は、お肌にある皮脂や汗をエサに生息しています。そのため、足が蒸れている状態が続いてしまうと、皮膚常在菌が活発に活動してしまうのです。

角質の放置

角質も皮膚常在菌の大好物。新陳代謝や摩擦などによって、タイツやストッキング、ブーツ内に角質が溜まってしまうと、皮膚常在菌が繁殖してニオイを発生させてしまいます。

靴での密閉

足は、靴や靴下で長時間おおわれて密封状態に置かれがち。特に、ブーツは密閉度が高く、汗が蒸発できずにムレた状態に。足裏がムレることで、皮膚の角質層が剥がれやすくなり細菌の温床になってしまうのです。

ニオイ悩みの解消法☆

5つの習慣を取り入れよう

足のニオイ悩みは、日々の習慣を見直すだけで改善できます。下記の5つの習慣を取り入れて、ニオイ悩みから卒業しましょう!

  1. 制汗剤を足の裏や指の間に塗って汗を抑える
  2. 靴は素足で履かない!天然素材の靴下が◎
  3. 1日に数回ブーツを脱いでムレを防ぐ
  4. 足だけでなく足の指までしっかり洗浄
  5. かかとなど定期的に角質ケアを行う

「ミョウバン」はニオイ悩みを解消させるスーパーアイテム

足のニオイには、「アルム石」配合の制汗剤がオススメです。「アルム石」とは、私たちの身近にある「ミョウバン」が結晶になったもの。「ミョウバン」は、無香料・無着色の安全なデオドラント成分で、ニオイの元となる雑菌の繁殖を抑制してくれるんです。しかも、毛穴を引き締めて汗を抑えてくれる効果も!(モテ姉妹が過去に試した検証記事はこちら☆)

モテ姉妹オススメアイテムはこちら♪

デオナチュレ 足指さらさらクリーム 30g

¥1,008

足特有のニオイとムレを考え開発された、クリームタイプの足用「直(ジカ)ヌリ」防臭制汗剤。

※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
www.amazon.co.jp

最後に...

いかがでした?ドラッグストアに足を運べば、「ミョウバン」はもちろん、足用の制汗剤や、せっけん、インソールや防臭靴下などが手に入りますよ。冬こそ足元ケアを徹底して、この季節だけのブーツコーデを楽しみましょう!

あわせて読みたい足元ケア

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル