優しく腸をリセット☆おかゆで痩せも美肌も叶う!

モテ子
美味しいからって、おかわりしてたらダイエットにならないわよ。


風邪をひいたときの定番食といえば「おかゆ」。今、そのおかゆの美容・ダイエット効果に注目が集まっています。「おかゆ」は満足感もあり、無理のないダイエットに最適なメニュー。今回は美容効果のおさらいと、続けて食べても飽きないためのおすすめトッピングをご紹介します!

おかゆの嬉しい美容効果

おかゆは、白米を通常よりも多めの水で炊き上げたもの。この調理法により、ふつうのお米よりも女子に嬉しい効果が大きく分けて2つあります。

1.低カロリーで満足感があるからダイエットに◎

おかゆの嬉しいポイント1つ目は、ごはんの栄養価を下げずにカロリーカットできること。おかゆは、お米に水を多く吸わせるため、かさが増し、お茶碗1杯分のお米の量が少なくなります。そのため、栄養価はそのままに、ごはんの量を手軽に減らすことが出来ます。
また、おかゆは、温かい食べ物なので、がつがつと一息に食べることはできません。自然と食べるペースがゆっくりになるので、早食い防止することができます。ゆっくり食べると、満腹中枢が刺激されるので、満腹感を得ることができます。低カロリーで満足感があるので、ごはんとおかゆを置き換えることで、ダイエット効果が期待できます。

2.胃腸のデトックスで美肌効果

風邪をひいたときに食べる習慣からもわかるように、おかゆは胃腸にやさしい食べ物です。お米の含んだ水分が腸までしっかり届くので、腸をデトックスすることができます。胃腸のデトックスは肌荒れ便秘の改善につながります。飲み過ぎた翌日の朝など、荒れた食生活のリセットをするのに効果的です。

毎日食べても飽きない!おかゆのトッピング

おかゆには、女子に嬉しい効果がありますが、味がシンプルなので毎日食べるとなるとちょっと飽きてしまうことも…。そこで今回は、栄養士の方に一味変わったトッピングを教えていただきました!

サラダ粥

水菜、白菜、トマト、アボカドなど、温めるとしんなりする野菜がオススメです。火を止めた鍋に野菜を入れ、軽く火を通したら器に盛って黒酢ドレッシングをかけて食べます。

イタリアン粥

トマトととろけるチーズを載せて、オリーブオイルをたらり。バジルソースやパルメザンチーズをかけても◎ 素朴な味わいのおかゆから、リゾットのようになります!

ポタージュ粥

好きな温野菜豆乳、砕いたコンソメブイヨンをミキサーにかけポタージュを作り、おかゆに載せるだけ!身体もあたたまる栄養たっぷりなおかゆに変身します。

塩昆布入りスクランブルエッグ

スクランブルエッグに塩昆布をプラスして、おかゆの上に。塩昆布のしょっぱさがアクセントになります。

温玉+キムチ

温玉とキムチで、マイルドな辛さのトッピングに。キムチの辛さでお箸が進みます。2つとも家にあるものなので、手軽にできますね。

おかゆを毎日の生活に取り入れてみよう!


日本では病気の時に食べる機会の多いおかゆですが、ダイエット効果にデトックス効果と実は美容に効果的な食べ物です。ダイエットとして、また乱れがちな食生活のリセットとして、おかゆを取り入れてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル