ダイエット中に食べるなら?2択で悩むあのメニューを比較

モテ美
私みたいに我慢できない人は必見よぉ~


ごはんとパン、そばとうどん。ダイエット中は、カロリーや栄養面から、どちらがいいのか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか?食事はカロリーだけではなく、栄養面からもチェックして痩せやすい体づくりができるかがポイント。そこで今回は、食生活の中で食べる機会の多いメニュー2つを挙げて比較してみました!

定番メニュー2つ、選ぶならコッチ!

ごはんVSパン

朝食の定番と言えば、ごはんと食パン。カロリーでいうと、ごはん茶碗1杯が約250kcal。一方の食パンは6枚スライス1枚で154kcal(100gあたり264kcalとし、1斤350gのものの場合)。そこにバターやジャムを付けると、食パン1枚でもほぼごはんと変わらないカロリーに。ですが、小麦を原材料としたパンよりお米の方が、咀嚼回数が多くなり、消化が遅く腹もちもいいので食べるならごはんを選ぶべき。

コーンスープVSミネストローネ


カップスープとしても会社や学校でのランチにかかせないコーンスープやミネストローネ。カロリーは、乳製品を使っているコーンスープのほうが若干高めです。不足しがちな野菜を一度に摂ることができるので、悩んだらミネストローネがおすすめです。

コロッケVSメンチカツ

おかずの定番、コロッケとメンチカツ。ダイエット中ならば揚げ物は避けたほうが無難ですがどうしても食べたくなった時の為にチェックしておきましょう。100gあたりのカロリーでみるとコロッケはオーソドックスなじゃがいもを使ったものなら279kcal。に対し、メンチカツは308kcal。同じ揚げ物でも材料が野菜メインのコロッケの方を選びましょう。

そばVSうどん

生麺でみるとそばは100gあたり約274kcalに対し、うどんは約270kcalと、カロリーはうどんの方が若干低めです。ですが、そばにはポリフェノールやアミノ酸、ビタミンB1、B2が含まれているので、日頃栄養バランスが偏っているという人にはそばがおすすめです。

グラタンVSドリア

グラタンの中に含まれているのは小麦から作られたマカロニ。ホワイトソースにも小麦粉が含まれているのでと2つの具材が合わさることで余計に太りやすくなります。どちらかを選ぶならごはんのはいっているドリアを選ぶのが正解。腹持ちもよく代謝UPも狙えます。

デザート編

ドーナッツVSシュークリーム


最近はコンビニでも発売されるようになったドーナッツ。100gあたりのカロリーはシュークリームが228kcalなのに対して、ドーナッツはなんと386kcal約1.5倍以上。パクパクと食べやすいですが、デザートの中でもかなりの高カロリーなので、食べ過ぎには注意です。どちらかというとシュークリームを選んだ方が無難。

アイスクリームVSシャーベット

カロリー面だけをみれば低いのはシャーベット。しかし乳脂肪を含まない分、体が冷えやすくなるというデメリットも…。牛乳でつくられたアイスクリームならばカルシウムも摂れるので買う前に成分表示を確認して、牛乳系のアイスクリームを選ぶのがおすすめです。

番外編:お酒

意外とカロリー管理が行き届かないのが、お酒。飲み物といえどもかなりカロリーが高いです。お酒を飲むときは、食物繊維が豊富なものをチョイスすると、ブドウ糖の吸収を緩やかにして、油分を体外に排出することができますよ。

カシオレVS梅酒

カロリーでいうと、カシオレ約170kcal、梅酒約160kcalとあまり変わりません。ですが、梅酒に含まれるクエン酸には疲労回復効果があるので、栄養的な面でいえば、梅酒を選ぶのが正解です。

ビールVSワイン

中ジョッキ約200kcal、ワインはグラスは1杯約70kcalと1杯の量でみるとビールの方が圧倒的に高め。ポリフェノールを豊富に含むワインは美肌効果も期待できます。しかしワインは、チーズなど高カロリーなおつまみと一緒に飲む機会が多いので結果的に摂取カロリーが多くなってしまわないようにくれぐれも注意しましょう。

もうメニューで悩まない!


ダイエット女子にとって、食べ物はいつでも慎重になるポイント。カロリーが低く、栄養価の高いものを選んで、健康的なダイエットを心がけましょう!

(参考サイト:日本食品標準成分表2015年版(七訂)第2章 日本食品標準成分表)

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル