花粉症でもかわいさキープ!ダメージレスなメイクのコツとは?

モテ子
黒い涙が流れているわよ…
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

長い冬も終わり、季節は春ですね。服も気持ちもすべて軽やかな一歩を踏み出したいところですが、花粉症の人にとってはつらいシーズンですよね。お肌も敏感になりがちなこの季節は、メイクも手抜きになりがち。でも、ちょっとしたコツさえおさえておけば、肌へのダメージを回避しつつ、かわいさもしっかりキープできますよ。

花粉症時期のスキンケアについて

肌に刺激を与えないようにする

皮膚が過敏になる花粉症シーズンは、使用している基礎化粧品も敏感肌用のラインに変えるなど、より刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。化粧水をノンアルコールのものに変えるだけで、肌への刺激と乾燥が抑えられます。また花粉の付着やかゆみが気になるからといって、洗顔のしすぎはかえって肌のバリア機能を低下させることにもなりかねません。スクラブやピーリング剤入りなどの刺激の強い洗顔料も避けた方が無難です。

乾燥すると、かゆみがひどくなる

乾燥すると、肌のかゆみもひどくなります。保湿にはいつも以上に気をつかって。化粧水で肌を整えたあとには保湿用のクリームやジェルを忘れずに。保湿用のクリームやジェルでフタをすることで、水分の蒸発を防ぎます。ただし油分の多いクリームは、花粉付着の原因にもなります。朝は控えめ、夜にたっぷり使うなどの工夫をし、外出時にはファンデーションやフェイスパウダーをはたいて、肌表面に花粉を寄せ付けないように工夫してみましょう。

メイク道具はメイク直しがしやすいものを

クリームタイプの方がよれにくい

化粧崩れしやすい花粉症シーズンのメイクは、ナチュラルメイクを心掛けると肌への負担も軽くなります。ただし接客業や営業職などでそうもいかない場合は、メイク直しのしやすさを優先しましょう。鼻をかむたびに剥がれていくファンデーション直しには、携帯もしやすいチューブタイプBBクリームが便利です。肌の赤みが気になる場合には、コンシーラーで補正を加えてみましょう。少量だけ使える筆ペンタイプだと、化粧直しもより手軽です。

コットンと綿棒があれば、メイク直しも簡単に

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

何度もメイク直しを重ねていると、その部分だけよれて悪目立ちすることがあります。そんな時は、思いきって気になる部分を多めに拭き取り、塗り直すといいでしょう。コットンと乳液があれば、クレンジングの代わりになります。にじんだアイメイクは、スティックタイプのリップクリームを綿棒につければ、簡単に拭き取ることができます。

アイメイクは最小限に

膨張色は避けて

花粉症シーズンのメイクで気を付けたいのは、アイメイクです。かゆみでいつもより腫れぼったくなっている場合は要注意。膨張色であるピンク系メイクだと、より腫れぼったく見えてしまいます。シャープに見えるのは、ブルーグリーンなどの寒色系のアイシャドー。目尻にのみワンポイントで使うと、派手になりすぎずぱっちりした印象をプラスできます。白っぽいカラーを重ね付けすれば、肌なじみもよくなりますよ。ナチュラルに見せたいのなら、ブラウン系で。

にじみ防止にはウォータープルーフで

花粉症シーズンは目のかゆみや涙でアイラインやマスカラがにじみやすく、パンダ目になりがち…。そのためアイメイクは極力控えめにしましょう。どうしても必要な場合はウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用すれば、メイクのもちもよくなります。

眼鏡などの小物や他のポイントメイクでカバー

アイメイクがわりに伊達メガネを

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

もともと目の周りは皮膚が薄く、刺激にも弱い箇所です。花粉症のシーズンはいさぎよくアイメイクをあきらめ、眼鏡をかけてシーズンを乗り切る方法もあります。目を大きく、小顔に見せることにこだわった伊達メガネは、花粉も防げるすぐれものです。

地味にならないよう、ポイントメイクで工夫を

眼鏡をかけると目元に注目が集まります。眉を描く時はいつもよりはっきりと描くようにすれば、目元のボリュームアップにもつながります。また口紅も、普段使うものより濃い色を選べば、目元にあつまりがちな視線をそらす効果があります。アイメイクなしで自信が持てない場合はチークも濃い目にし、ポイントをつけることで地味にならないようにしましょう。
つらい花粉症のシーズンはメイクが崩れやすく、楽しむ余裕はあまりないですよね。出先でかゆみが気になった時は、洗顔がわりにもなるミスト式の化粧水がおすすめです。メイク直しに使えるだけでなく、リフレッシュ効果も発揮します。吹き付けた後は保湿も忘れずに。ただでさえ憂鬱なシーズンですが、乾燥や刺激を防ぐちょっとした工夫で、つらいシーズンを乗り切りましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル