紫外線から肌を守る☆トマトの美容効果がスゴイ

モテ子
太陽の恵みでお肌を内側から整えなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

サラダやスープ、メインディッシュまで幅広く活躍する定番食材「トマト」。スーパーでは1年を通して手にとることができますが、旬は春~初夏の今の時期なのです。トマトは食卓に美味しさと彩りを添えるだけでなく、その美容効果で世の女子達を虜にしているのをご存知ですか?総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングが300名の女性を対象に実施した調査結果によると、「美容に効果があったと思う食材は?」という問いの解答で最も多かったのもトマトなのです!今回はそんな美容食材・トマトの効果について迫ってみたいと思います。紫外線が気になるこれからの季節に向けて注目ですよ☆

トマトの美容効果の正体

ビタミン類やカリウムを含み、栄養豊富なトマトですが、より注目したいのは効果の立役者といわれる2つの成分です。

シミ・シワを防止する:リコピン

リコピンはトマトの赤い色素成分。リコピンのアンチエイジング効果は、効果が高いといわれてるビタミンEのなんと100倍もあります。活性酸素を除去し、紫外線などの外部刺激からも肌を守り、肌の代謝を促進します。これによりシミ・シワを防止して美肌をキープしてくれるのです。

脂肪を燃焼する:13オキソODA

2012年、京都大学他の研究で新たに発見された「13オキソODA(13-oxo-ODA)」という成分。この「13オキソODA」は体内で代謝を高めて脂肪燃焼を促し、肥満改善効果があるんだそう。MotecoBeautyの読者は「中性脂肪が気になる」なんて方は少ないとは思いますが、普段の食事を思い返してみて、「バランスが偏っているな」、「脂っこい食事が好きかも…」と感じる人は積極的に摂ってみるとよいかもしれません。

効果的な摂り方って?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

少し前に「夜トマトダイエット」が流行しましたが、これはトマトを夜摂ることで睡眠中に作られる成長ホルモンの分泌を促進し、基礎代謝をあげて痩せやすい身体に導こう、というもの。このように時間やプラスαの工夫をすることで効果をUPするコツをご紹介します。

朝トマトでリコピンをぐんぐん吸収

あれ?夜トマトじゃないの?と思った方もいるでしょう。実は、「リコピンの吸収率」に着目した場合のベストタイミングは朝なんです。昨年、カゴメ株式会社が行ったリコピンの吸収実験では、朝にトマトを食べると吸収率が一番高いという結果になったのです。
リコピンを効率的に摂取して美肌効果を狙いたい場合は、食べやすい塩トマトなどにアレンジして朝食にプラスするのがおすすめですよ。

加熱して油と一緒に

リコピンは油に溶けやすく、熱に強いという性質があります。その為、オリーブオイルなどの良質な油と一緒に加熱した料理で摂取しましょう。加熱処理することで、生の状態よりリコピンの吸収率が3倍にも増えるんです!すでに加熱処理をしたトマトケチャップやトマトジュースなどの加工食品を使用するのも効率的です。

乳製品と一緒に摂る

前述の通り、リコピンは油に溶けやすい性質を持つため、脂肪分が多く含まれる牛乳と一緒に摂ると吸収されやすくなります。さらに13オキソODAにはカルシウムの吸収を助ける働きがあるので、乳製品に含まれるカルシウムを効率よく補給できるので一石二鳥です。トマトの酸味も程よく抑えてくれるのでスープやシチューなどのメニューで組み合わせてみるのもいいですね。

トマトの美肌・ダイエット効果を得たいのなら、継続して摂ることに心がけましょう。毎日生のトマトやトマト料理を食べるのが難しければ、トマトジュースをコップ1杯飲むだけでもOK。むくみ解消も期待できるので女子にとっては良いことづくめ!ぜひ、毎日の食生活に旬のトマトをプラスしてみてくださいね。

(参考サイト:・カゴメ株式会社/トマト大学 ・美容食材に関する調査/株式会社ネオマーケティング)

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル