スポーツドリンクは飲むタイミングがポイント!?効果的に飲むための方法とは

モテ子
「運動してるのに痩せない」とかいってる人、原因はこれなんじゃない?


少し歩いただけでも汗がにじむ夏。熱中症にならないようにと、なんとなくスポーツドリンクを飲んでいませんか?水分補給・塩分補給と言えばスポーツドリンクですが、運動以外でもスポーツドリンクをよく飲んでいる女子たちは要注意!今すぐ改善しましょう。

スポーツドリンクは糖分が多い!?夏太りの原因の1つに

汗をかくとは、体内から水分を奪われるということ。水分補給は、その奪われた水分を補うためのものです。そのため、より体内の水分に近いものを補給しなければなりません。実は、体内の水分は、真水ではありません。ナトリウムをはじめ様々な成分を含んでいます。体内の水分に1番近いと言われているのが、スポーツドリンクなのです。
市販のスポーツドリンクは飲みやすいように、糖分が必要以上に含まれています。500mlのペットボトルで大体20~30g、コーヒーや紅茶に入れるスティックシュガー5、6本分にあたります。糖分が多いので、もちろん高カロリー。
汗をかいたからと言って、スポーツドリンクを飲みすぎると太ってしまうのです。「せっかく運動したのにスポーツドリンクを飲みすぎたせいで夏太りしてしまう・・・。」こんなことが起きてしまうと悲しいですよね。

スポーツドリンクは、飲むタイミングと量が大事!


人は運動すると、まず体内の糖分がエネルギーに変わります。そして、糖分を使い切ってしまうと、脂肪をエネルギーに変えていきます。体内には、もともとある程度の糖質はあるので、さらに糖分を摂取してしまうと、脂肪が燃焼されにくくなります。あまり運動をしないのに、たくさんスポーツドリンクを飲んでしまうと、糖分を消費しきれず、なかなか脂肪が燃焼されません。
運動を1時間以上続ける場合はスポーツドリンク、1時間未満の場合は、ミネラルウォーターを飲むようにしましょう。例えば、自宅から駅までの徒歩やちょっとしたお散歩ぐらいで1あれば、ミネラルウォーターでOKです。
また、水分補給は一度に飲む量も大事。汗をたくさんかいて喉が渇いていると、ついつい飲みすぎてしまいますよね。実は、人が1回で吸収できる量は多くて約200ml。ペットボトルを一気に飲んでしまうと残りの300mlはお腹にたまってしまいます。これが、水太りの原因です。15分おきを目安に、こまめに少しずつ水分補給を行いましょう。

より効果的なスポーツドリンクの飲み方とは

市販のスポーツドリンクには、ペットボトルで販売しているものの他に、粉末タイプのものがあります。実は、粉末タイプを薄めたものがベスト。通常、1L用で販売されていますが、これを2Lで1袋使うと糖分もカロリーも味もちょうどよくなります。
また、温度も「キンキンに冷えている」よりは「少し冷たい」くらいがベスト。あまりに冷たすぎると、体への吸収率が悪くなるだけではなく、お腹も壊しやすくなります。

飲み方さえ気を付ければ大丈夫!スポーツドリンクで暑い夏を乗り切ろう

ポイントは、飲むタイミング飲む量スポーツドリンクの温度や濃さ。これさえ気を付ければ、スポーツドリンクは私たちの心強い味方になります。たくさん運動してたくさん汗をかいたら、適度にスポーツドリンクを飲んで暑い夏を乗り切りましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル