夏太りの救世主!食べる漢方・カレーの効果

モテ子
夏といえばカレーよね。


カレーは季節に関係なく食べられているメニューですが、夏になると暑いのになぜか食べたくなる一品でもありますよね。夏バテで食欲がなくてもカレーならぺろっと食べられちゃったなんてことありませんか?さらにカレーは夏太りに効果があるともいわれています。今回はそんなカレーの実態を暴いてみましょう!

食べてないのになんで太るの!夏太りの原因とは?


まず、夏太りについてこんな疑問を持ったことがある方もいるでしょう。「あまり量を食べていないのになんで太るの?」確かに夏バテで食べる量が減ったり、暑さのあまり外で身体を動かす機会も減りがち。それではまず夏太りの原因について知っておきましょう!

食べ物、飲み物が偏りがち

食べる量が少なくても、夏はアイスや麺類などカロリーが高いものを食べがち。また飲み物も同様に、水分しかとっていなくてもカロリーの高いジュースやお酒ばかり飲んでしまうと夏太りの原因になってしまいます。

冷えから守るために脂肪がついてしまう

夏は冷房や冷たい物を摂取する機会が増え、内臓が冷えて血液の流れが悪くなってしまいます。それにより冷えから守ろうと身体に脂肪がついてしまうのです。
夏の醍醐味であるアイスやそうめんや冷やし中華などの麺類は、実は食べすぎると夏太りの原因になる食べ物だったのです!三食偏りのない食事と、夏も身体を冷やしすぎないよう注意しましょう。

夏の救世主!食べる漢方・カレーとは?


そんな夏太りに効くのがカレーなのです。疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、理由が分かればもっとカレーが食べたくなるはず!それでは夏太りに効くカレーの秘密をひも解いてみましょう!

様々な栄養素を濃縮した最高の料理

カレーは、野菜や肉、乳製品、カレーの種類によってシーフードや豆類などたくさんの食材が使われ、タンパク質ビタミン類炭水化物といった様々な栄養素が濃縮した一品です。
偏りがちな夏の食生活にとってカレーは、野菜や肉が入っていることにより摂取しやすく、偏らずに栄養がとれる救世主的存在です。

カレーは食べる漢方、スパイスの秘密

たくさんのスパイスによって作られるカレー。スパイスには食欲増進効果や食欲不振の解消、身体を温め夏冷えからくる不調改善の効果もあります。ほかにも、スパイス1つ1つに特有の効能があるので、自分の体調に合ったスパイスを見つけて調合してみるのも楽しいかもしれませんね。
たくさんのスパイスが含まれ、たくさんの効能が得られるカレーは「食べる漢方」であり、夏太りを予防してくれる一品なのです!
ここではカレーに含まれるスパイスの効能を少しご紹介します。

  • ターメリック
  • ウコンとも呼ばれ、胃の働きを整える効果によって昔から漢方として使われていました。ウコンは胆汁の分泌を促進する働きがあり、胆汁が増えると体内のコレステロールの消費が活発になってダイエット効果があります。また、ウコンに含まれるクルクミンは、抗酸化作用があるポリフェノールの仲間で、肝臓の機能を強化してくれる効果もあります。「抗酸化作用」によりアンチエイジング効果もあり、「美容効果」が期待されます。そして「食欲増進」、「消化促進」の効果もあるので、夏バテ気味の人はターメリックを入れて作ってみましょう!

  • カルダモン
  • カルダモンは「香りの王様」と呼ばれ、ツーンと鼻を刺すような独特の香りがします。カルダモンは紀元前千年以上前から生薬やスパイスとして使用され、効果として女性に嬉しい「脂肪分解」「消化の促進」があります。夏太りの解消にはもってこいのスパイスですね。

  • シナモン
  • シナモンには血管を拡張させて血液の流れを良くする働き、「血行促進作用」があります。そして「抗菌作用」や「発汗作用」もある優れたスパイスなのです。シナモンを入れて汗をかきつつ、血行を促進して冷え性改善になれば一石二鳥です!また、シナモンはインスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を抑えてくれます。

カレーを食べて夏を乗り切れ!

カレーを食べることで、たくさんのスパイスによる効能と、食材による栄養を摂ることができ、夏太りの予防が出来そうですね!薬膳カレーや夏野菜カレーなど、たくさんのスパイスや具材を使った身体にいいカレーレシピもあるので、自分の体調にあったレシピを選びカレーを作ってみましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル