NOTプリンセス!シンデレラ体重に注意

モテ子
プリンセスになりたいなら、改めるべきは体重より身のこなしじゃない?
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

「シンデレラ体重」をご存知でしょうか?最近、中高生の間で流行っている「理想体重」の計算方法です。「理想」というくらいですから、これを目指してダイエットをするのでしょうが、ちょっと待って!このシンデレラ体重、かなり身体に負担をかけてしまいそうです。

シンデレラ体重ってどんな体重?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

まず、シンデレラ体重の計算方法を見てみましょう。一般的にいわれている計算式は

シンデレラ体重(kg)=(身長m)×(身長m)×20×0.9

算数が得意な人はすぐに気づいたと思いますが、後ろの「20×0.9」は先に計算してOK。
20×0.9の答えは18なので、18を代入すればいいのですね。

シンデレラ体重(kg)=(身長m)×(身長m)×18

というのが計算式になります。
昔から健康によいと医療で使われている計算式にBMIの計算式があります。厚生労働省が提唱している理想のBMIは22~23。すなわち、理想体重を計算するにはBMIのところに22を代入することになります。

BMIによる理想体重(kg)=(身長m)×(身長m)×22

例えば、身長160cmで計算すると、BMIの理想体重は56.3kg。シンデレラ体重は46.1kg。BMIによる健康のために目指すとよいといわれる理想体重と約10kgの差があります。さすがに痩せすぎのように感じられます。とはいえ、160cmで56.3kgは少しぽっちゃりした印象に見えるというのであれば、ここから1~2kg減の55kgくらいまでであれば目指すのはOK。しかし、中高生時代は成長期でもあるので、あまり細めを目指すのはおすすめできません。

何のためにダイエットするの?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ダイエットしたい理由はいろいろあると思います。身体が軽くなって活動的になる、便秘解消等で美肌になる、細めの洋服を着たい、他人からデブと言われなくなるので精神的に明るくなる、などさまざまな効果があるようです。これらのメリットはいずれも一理あると思います。
しかし、これらのメリットを感じられるのは、本当に太りすぎの人がその人にとっての適正体重にダイエットすることでより健康的になった場合です。ダイエットもほどほどにしておかないと逆に「痩せすぎで怖い」と言われたり、痩せすぎてパワーが出なかったりといった逆効果になりかねません。

やりすぎのダイエットで太りやすい体質に

何よりも怖いのは、ダイエットをしすぎることで、太りやすい体質になる可能性があることです。1度ダイエットして、痩せる方法を覚えると、「太っても、ダイエットすればいい」とダイエットしていない期間に食べすぎてしまったり、運動を怠ったりという人がいるようです。こうなると、何度もダイエットを繰り返すことになります。太っては痩せ、太っては痩せを繰り返すうちに、身体がついていけなくなってしまい、気がつくと健康を害してしまうのです。

必要な栄養まで不足してしまう

過度なダイエットで食事量が減ると、月経等で失いやすい鉄がさらに不足し、貧血抑うつ状態になりやすくなります。ほかにも、ダイエットに肉がよくないからと肉を食べない人もいるようです。肉を食べないと、たんぱく質が不足して筋肉量が低下し、基礎代謝や日常の活動量が減ってしまいます。これらが低下するとエネルギーを使いにくい身体になるため、リバウンドしやすくなってしまいます。さらに、免疫力も低下してしまい、風邪をひきやすくなったり、風邪をひいても治りにくくなったりするなど過度なダイエットにメリットは1つもありません。

このようにシンデレラ体重を目指すことはとても健康的とは言いがたいものです。ダイエットするなら「身体が軽く、元気に過ごせる」と感じる体重が理想。あくまで女子トークのネタにとどめておくのが賢明そうですね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル