まっしろコーデの落とし穴!注意するべきポイントとは?

モテ子
白だからこそ気をつけなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

春から大流行の“白コーデ”。透明感と清涼感があって、夏にもピッタリ☆大活躍ですよね!シチュエーションを選ばず、どんなカラーの小物にもあわせられる便利な白コーデですが、選び方や注意すべきポイントを知っておかないと残念なことに、、。さっそくそのポイントについてご紹介していきたいと思います。

着膨れ防止!ジャストサイズをチョイス!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

白は膨張色なので、黒と比べて着膨れてしまうのが難点の一つ。トップスは大きめをチョイスしてフワっと着たいところですが、太めに見えてしまうことを考えると、ジャストサイズを選ぶのがおすすめです。また、逆にあまりにもピッタリし過ぎていると、夏は汗ジミなどが目立ってしまうので要注意!大きすぎず、身体にフィットし過ぎないものを選ぶようにしましょう。どうしてもフワッと着たい場合には、流行のレースやシースルーの素材を選んで透け感をプラスすると、華奢見せ効果がありますよ。パンツは、太ももが強調されてしまうので、ワイドパンツなど体型をカバーしてくれるタイプを選んでみるのもおすすめです。

インナーをプラスして下着をカバー

白を着るとどうしても気になるのが「下着の透け感」。白のトップスに同じ白の下着なら大丈夫にも思えますが、意外と線が見えてしまうのでこれはNG。柄ものやカラータイプの下着も“あえて見せる”以外はコーディネイトが難しいものです。それを解消してくれるのが、キャミソールなどのインナーを一枚プラスすること。首元に装飾が付いたものならチラリとのぞいてもオシャレ度がUP!暑さが気になる場合は、吸汗性のキャミソールを着用すると汗も吸い取ってくれて快適ですよ!

透けない下着の選び方

下着が透けそうなコーデの時には、下着の色を工夫してみましょう。透け対策にはベージュが定番ですが、ほかにもグレーラベンダー黄色も肌に馴染みが良く同化しやすいという特徴があります。白コーデをするときにはこれらの色をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

紫外線対策は念入りに

白のコーデは光を反射してくれるので、顔周りをきれいに見せてくれる効果が期待できます。その分、紫外線の照り返しなどにも注意を払わなければいけません。特に首周りやデコルテなどを中心に、UV対策は必要不可欠。この紫外線対策を怠ってしまうと、たとえ1日でも日焼けしてしまい、お気に入りのトップスを来た時に日焼けしてしまったラインが出てしまうということも。肌を露出する時期に限らず、白を着る時にはUV対策はこまめに行うようにしましょう。

白を着る時の注意点とアフターケア

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

白のアイテムは「まっしろ」であることがなによりの魅力。それをキープするためには、着る時の扱い方やアフターケアも重要なポイントですね。そこで、どんな注意が必要なのかもチェックしていきましょう。

ちょっとのシミが命取りに

おしゃべりに夢中になってしまい、気づいたら白のトップスにランチのトマトソースがついてしまったということもありませんか。白という素材上、食事をする時には食べ方にも少しこだわって、いつもより上品に食べるようにするとシミをつくのが防げます。また、白コーデで外出するときには、もしもの時のために、シミ抜きをバッグに入れておくとすぐに対処することができますよ。シミ抜きするのが早いほど元に戻せる確率が高くなります。帰宅するまで放置せず、応急処置を忘れないようにしましょう。

シーズンオフ対策

白は変色しやすいので、見えない汗ジミが変色してしまったということもありますよね。毎回のお洗濯できれいに汚れを落とすのはもちろんですが、シーズンオフに入ったら、クリーニングに出して、日光にあたらないクローゼットなどに収納しましょう。大事なお洋服を長持ちさせるためにも、洗濯や収納には気を配ってくださいね。

お手軽な分、ケアも大事

白を着るだけというお手軽な白コーデですが、日々のケア次第でその印象は大きく変わってしまいます。細やかに気を使いながら夏に輝く白コーデを楽しんでくださいね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル