バナナ酢!?斬新な組み合わせで美容効果抜群!

モテ子
バナナって本当に万能よね。

美容にも健康にも、私たちにとって身近な果物「バナナ」。いま、そのバナナと、お酢を組み合わせた「バナナ酢」が話題になっているそうです。なんでもまろやかな味わいがやみつきになるとのこと。そこで、今回は簡単に出来るバナナ酢の作り方と気になる効果についてご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう!

バナナ酢の効果

デトックス&ダイエット効果

バナナは、食物繊維が豊富なので便秘の解消などに効果的。また老廃物や水分を体外に排出しむくみを解消してくれるカリウムがとても豊富に含まれています。さらに、お酢には、脂肪と糖を燃やしてくれるクエン酸が含まれているほか、脂肪を分解してくれるアミノ酸も含まれているので、脂肪の分解促進などダブルのダイエット効果が期待出来ます。

美肌効果

バナナには、美肌効果をサポートしてくれるビタミンB6やビタミンAも豊富に含まれ、一方でお酢には、免疫力アップ抗酸化作用があります。これらの相乗効果でシミなどを予防し、新しい皮膚の生成も促してくれます。

疲労回復効果

バナナに含まれるブドウ糖は素早くエネルギーとして吸収され、お酢に含まれるクエン酸は疲労物質の分解を促進してくれるので、疲労回復効果も期待出来ます。

簡単☆バナナ酢の作り方

たくさんのメリットがあるバナナ酢。作り方について確認していきましょう。

用意するもの

  • 瓶などの密封出来る容器
  • バナナ1本
  • 黒酢 200cc(穀物酢や米酢で代用可)
  • 黒糖 100g

まずはバナナを食べやすい大きさにカットして、密閉の容器にバナナと黒酢、黒糖を入れて漬け込むだけ。漬け込んだものは冷蔵庫に1日保存して寝かせれば完成です。すぐに飲みたい人は容器に入れてフタを開けた状態で、電子レンジで30秒ほど加熱して半日ほど寝かせればOK!寝かせることでお酢の酸味が取れて柔らかい味に変化し、飲みやすくなります。

保存は冷蔵庫で2週間

バナナ酢は冷蔵庫で保存し、2週間ほどで使いきるのがベスト。バナナの量が多いとまろやかになりますし、お酢の量が多いと風味も変わってくるので、好みの飲みやすい割合を探しながら作ってみるのも楽しいですね。

一日の目安量とアレンジレシピ

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

美容や健康が望めるなら、たくさん取り入れたいところですが、飲み過ぎは禁物です。バナナ酢の一日の目安量は30~40ml(大さじ2~3杯程度)ですので、この量を参考にしながら、上手に取り入れてみましょう。そのまま飲んでも飲みやすいですが、料理との相性も良いので、楽しみながら毎日続けることができます。

バナナ酢のアレンジレシピ

バナナ酢は、豆乳牛乳で割っても美味しいのでおすすめです。まろやかな味わいなので、料理のアクセントとしても食欲をそそります。炭酸水で割ればさわやかな酸味とのどごしがやみつきになる人も続出中!夏は氷を入れて飲んでよし、冬は紅茶に入れてホットドリンクとしても楽しめちゃうのです。食事のお供や料理の隠し味にプラスすれば、健康的でいつもと違う新しい味を発見出来るかもしれませんよ?

飲むタイミングも重要

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

バナナ酢の効果が期待するには、一日の摂取量を守ることと、毎日続けることがポイントです。そしてもう一つ、飲むタイミングも意識する必要があります。バナナ酢にはお酢が入っているので、食前に飲むと、胃を刺激してしまい食欲が増してしまいます。また、胃が空の状態で飲むと胃を傷めることがあるので食前や空腹時は避けるようにしましょう。

値段も安く栄養価も高いバナナを活用したバナナ酢は、美容と健康を意識する皆さんにとって万能な存在ですよね。おいしく楽しく取り入れることが長続きさせる秘訣です。ぜひ楽しみながら生活の一部に取り入れてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル