美肌にもダイエットにも◎コスパも最高な女子の味方の食材って?

モテ子
やっぱり「芽」の栄養ってすごいわね。


みなさんは、「豆苗(とうみょう)」という名前の野菜をご存じですか?カイワレ大根のような見た目で、葉と茎の部分が食べられる野菜のこと。スーパーでも売られている手軽な食材・豆苗は、栄養価が高いだけではなく、ダイエット・美容に効果のある成分が多く含まれていると話題!実際に、どのような効果があるのか見ていきましょう。

豆苗は、えんどう豆だった・・・!

実は豆苗とは、えんどう豆の若い葉と茎を食べる緑黄色野菜!えんどう豆は成長の過程によって様々な呼び名があるのです。例えば、若いサヤごと食べるのがサヤエンドウやスナップエンドウ、未成熟の実を食べるのがグリンピース、完熟した豆を食べるのが甘納豆やみつ豆に使われる赤エンドウ、青エンドウ。その中のひとつが豆苗なのです。

豆苗は、当初はその栄養価の高さから高級食材として扱われていましたが、その後天候に左右されずに栽培でき、どこでも手に入るリーズナブルな野菜として日本で広まりました。ここ数年では、栄養価の高さ・使い勝手のよさ・再収穫の楽しさの3つの理由から人気を集めています。

豆苗の知られざる5つの効果


豆苗には、ビタミンがたっぷり含まれています。成人が1食で摂るべきビタミンは豆苗50gで足りるほど!同じく葉と茎を食べる栄養価の高い野菜、ホウレンソウ、小松菜、チンゲンサイ、ニラと比べてもその差は歴然。ビタミンC、βカロテン、ビタミンE、ビタミンB群が圧倒的に多く含まれています。

また、豆類に含まれるたんぱく質とビタミンB群、葉に含まれるβカロテンとビタミンCをバランスよくあわせ持った食材です。バランスよく栄養を摂ることは、健康的に太りにくい身体を作る秘訣です。

そして、これらのビタミン1つ1つが、美容やダイエットに効果的。それぞれ、どのような効果があるのか解説していきます。

脂肪燃焼

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・葉酸・パントテン酸をはじめとするビタミンB群は、代謝を上げて、糖質・脂質・たんぱく質を燃やします。

お肌のターンオーバーを正常にする

豆苗にたっぷり含まれるβカロテンは、体内に入るとビタミンAに変化します。そして、皮ふや粘膜の新陳代謝を促すので、お肌のターンオーバーが正常になります。同時に、ビタミンAはハリやうるおいを保つので、乾燥肌カサカサ肌の対策にもなります。

ハリとツヤのあるお肌に

ビタミンCはハリとツヤのあるお肌には必要不可欠。コラーゲンを生成します。また、メラニン色素が作られるのを防ぐ効果もあるので、シミそばかすを防いでくれます。

顔色を明るく

ビタミンEは、老化の原因となる脂質や活性酸素から身体を守る強い抗酸化作用があります。また、末梢血管を広げて血行をよくする効果もあるため、顔色が明るくなったり、冷え性が解消されたりします。

すっきりデトックス効果

豆苗には食物繊維もたっぷり含まれているので、水分を保ちながら便のかさを増やして排便を促すことで、便秘になりにくくします。そのため、老廃物が身体から取り除かれるデトックス効果が期待できます。

豆苗を食事に取り入れて、身体の内側から美しくなろう


豆苗は、美容・ダイエットに効果のあるお手軽食材。ほかの野菜と一緒に炒めたり、サラダに混ぜてみたり、おかずの付け合わせにプラスしてみたり・・・。使い方はイロイロです。早速、今日から食事に取り入れて、身体の中から美しくなりましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル