「美」も「痩せ」も叶える☆虫みたいな名前の●●を増やして美BODYに!

モテ子
ミトコンドリア?・・・ゾウリムシ?どっちがどっちだったかしら?

「ミトコンドリア」という単語を知っていますよね?でも、学校で習ったから記憶にあるだけで、その働きまで明確に覚えている人は少ないはず。しかし、このなんとなくしか記憶に無いミトコンドリアは、実は美容やダイエットにも大きく関わっている存在なのだそうです。今回はそんなミトコンドリアに注目してみましょう!

ミトコンドリアとは?


ミトコンドリアは、身体をつくるほぼ全ての細胞に数十〜数万存在している「細胞小器官」とよばれるものです。呼吸によって取り込んだ酸素と糖やたんぱく質、脂質を元にエネルギーを生み出す役割を担っており、ミトコンドリアのこの働きによって体温となる熱が生まれるので身体の「発電所」ともよばれています。

基礎代謝はミトコンドリアの量で決まる

細胞の中でも特にミトコンドリアを多く含むといわれているのは筋肉細胞です。ダイエット中に「筋肉を増やせば基礎代謝が上がる」とよくいわれますよね?これはつまり、筋肉量を増やすことで体内でのミトコンドリアが増え、エネルギーの生産が促されるからなのです。
  

ミトコンドリアが増えると・・・?

ミトコンドリアは、なにもしなければ年齢と共に数が減っていきますが、逆に意識をすれば、年齢に関係なく増やすことができます。ミトコンドリアが増えると、体全体が活性化するので、健康や美容面で様々な嬉しい効果があります。

太りにくい身体になる

体内でミトコンドリアの量が増え、活性化すると、エネルギーの生産が進むので体内の糖や脂肪を積極的に燃やし、太りにくい身体になります。また、エネルギー量が増えてスタミナがつくので、疲れにくくなり、免疫力の向上にもつながります。

アンチエイジング効果

ミトコンドリアは、酸素からエネルギーを生み出す時に微量な「活性酸素」を発生させます。そして、アンチエイジングの大敵として知られるこの活性酸素は、ミトコンドリアの機能が低下しているほど発生量が多いと考えられています。ミトコンドリアを増やして活性化すれば、ミトコンドリアの機能低下を防ぎ、発生する活性酸素の量を減らすことができるので、アンチエイジング効果につながります。

ミトコンドリアの量を増やすには?

インターバルトレーニング


ミトコンドリアを増やすのに最適な方法は運動ですが、中でもおすすめなのが負荷の大きい運動と負荷の少ない運動を交互に行なう「インターバルトレーニング」です。インターバルトレーニングを行なうと、負荷の大きい運動の時にエネルギーの生産が追いつかず、身体はミトコンドリアを増やそうとします。日常生活では、ウォーキングやジョギングの途中で早歩きやダッシュをする、自転車を漕ぎながら合間に早漕ぎをするなど、少し工夫をするだけでも効果がありますよ。

タウリンをとる

食材からミトコンドリアを増やすには、イカタコ、カツオ、ホタテなどの魚介類に多く含まれているタウリンの摂取が有効だといわれています。タウリンは、栄養ドリンクに含まれる代表的な成分の1つですが、疲労回復の効果は、ミトコンドリアを増やす作用があることにも関係していたのですね。

ミトコンドリアを活性化させるには?

ミトコンドリアの活動は酸素を必要とするので、いくら量を増やす努力したとしても低酸素状態では活性化することができません。呼吸を深くすることを意識して身体にたくさんの酸素を取り込みましょう。
また、ミトコンドリアの活動量は速筋よりも遅筋を使った時のほうがはるかに多いことがわかっています。ジョギングやウォーキングなどの遅筋を多く使う有酸素運動や、呼吸法を意識することができるヨガや太極拳などを行なうとより効率よくミトコンドリアを活性化することができるのでおすすめです。

ミトコンドリアは呼吸を元に活動している私たちの、美容・健康に関わるすべてのカギを握っているといっても過言ではありません。ミトコンドリアを増やして全身を活性化させ、希望通りの身体を手に入れましょう。

あわせて読みたい

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル