見た目だけで選んでない?足の形と靴の選び方

モテ子
せっかく可愛い靴履いてるのに、痛みで顔がゆがんでるわよ。

靴はファッションの重要な要素です。スタイルアップのためにヒールを利用している人も多いでしょう。しかし靴は外出時に長い時間身につけているもの。せっかく見た目が気に入って購入しても、足を痛めるからといって、買ったばかりの靴が履けなくなってしまっては勿体無い!そのためには、デザインだけでなく足に負担をかけない靴選びが大切なのです。ではまず、靴によって生じる足のトラブルの原因を見ていきましょう。

合わない靴は様々なトラブルを引き起こす

外反母趾

外反母趾はハイヒールの着用が原因だと思われがちですが、1番の原因はヒールではありません。実は、靴が脱げないように無意識のうちに足の指を上げたり縮めたりすることで足の指を使わずに歩いていることが原因で発症するのです。つまり、ヒールを履いていなくてもつっかけ型やサイズが少し大きい靴を履いている人は要注意!さらに、ヒールを履いている場合には、足の指を浮かせて親指付け根に負担がかかる歩き方をしていたり、足が靴の内側に擦れていたりして、骨を守ろうとする身体の防御反応により仮骨が出来てしまう仮骨性外反母趾になる可能性も高まります。

タコ

タコとは、皮膚の同じ場所に長期間、摩擦や圧迫などの刺激があったことでその部分が角質化して硬くなる現象です。足の場合には、小さめの靴を履いていることで足の指やかかと、ほかの部分が常に靴と擦れていたり、サイズの合わない靴を履いていることで足裏の局所に継続して体重がかかっていたりして、皮膚が自分を守るために硬くなってしまうのです。出来始めは手で触ると硬いというのが特徴ですが、慢性化すると表面が白くかさかさになることもあります。

魚の目

魚の目は、角質化した部分の中央に芯ができ皮膚の奥深くへと入り込んだものです。発症機序はタコと同じですが、神経を刺激するため、痛みを伴います。

まめ

まめは、摩擦や刺激によって皮膚が皮下組織からはがれ、その間に組織液が溜まって水ぶくれができたものです。水ぶくれが破れると強い痛みを感じます。これは、履き慣れない靴や革が硬い靴を履いた時に、靴の内側と足裏やかかとが擦れて起こります。タコとは違い、短期的な強い刺激が原因となる場合が多く見られます。

このように、靴による足のトラブルは、主に靴との摩擦や靴による圧迫が原因です。つまり足にぴったりフィットする靴を履けば、これらの問題は回避できるのです。

自分の足の形を知ろう

足の炎症を防ぐためには、自分の足の形に合った靴を履かなければなりません。しかし、足の形は人それぞれです。それどころか、同じ人でも左右で形が異なることもあります。ここからは、足の指の長さに着目して、足の形の分類とおすすめの靴の種類をご紹介します。

エジプト型


これは日本人の約75%が該当します。親指が1番長く、小指にかけてだんだん短くなっている形のことです。このようなつま先の人は、靴先の中心が尖っている靴を履くと外反母趾になりやすいので、親指側が長いオブリークトゥタイプの靴を選ぶと良いでしょう。ただ、横幅に余裕があると前滑りしやすいので、横幅がしっかりフィットしたものを選ぶのがポイントですよ。

ギリシャ型

これは人差し指が1番長く、人差し指を頂点にして山型になっているつま先のことです。日本人の約20%が当てはまります。この型の人は、人差し指部分が長くなっているラウンドトゥタイプの靴を履くと良いでしょう。スクエアタイプなどの靴を選ぶと人差し指の負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

スクエア型


これは親指・人差し指・中指の長さがどれも同じで、上から見ると指が1直線に並んでいるように見える形を指します。日本人ではわずか5%程度の人にしか見られません。この型では、親指側も小指側も圧迫されないことが大切なので、スクエアトゥタイプがおすすめです。

人の足は千差万別です。靴を買う時は、自分の足の形に沿って選び、必ず両足とも試し履きして確認してくださいね。自分にぴったりな靴を見つけて、快適な1日を送りましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル