油断ちなんてナンセンス!良質な油にはダイエット効果もあるんです!

モテ子
モテ子
使いこなしてこそ、上級者よ。

油と聞くと「ダイエットの大敵!!」「太るから食べたくない」と嫌悪感を抱いてしまう人って、とっても多いですよね。でも、油の種類によっては、肌をきれいにしたり、身体の酸化を防いだりと、美と健康に嬉しい効果がたっぷり!今回は美と健康を保つために欠かせない、良質な油についてご紹介します。油は大きく分けて飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の2種類です。その違いとは何でしょうか?

飽和脂肪酸

常温では個体であることが多く、酸化しにくい性質。摂りすぎてしまうと、悪玉コレステロールが増え動脈硬化や心筋梗塞などの引き金になることも…。これぞ、食べ過ぎ厳禁な油です。

飽和脂肪酸が含まれる食品

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

  • 肉類、バター、乳製品、ココナッツオイル
  • ※例外として、ココナッツオイルには中鎖脂肪酸という成分が入っており、コレステロールを減少させ、身体に脂肪がつきにくくなるというメリットがあります。

不飽和脂肪酸

常温では液体であることが多く、酸化しやすい性質のオメガ3・オメガ6、酸化しにくい性質のオメガ9の3つに分類され、さらに不飽和脂肪酸に水素が添加され人工的に作られたたトランス脂肪酸も不飽和脂肪酸の一種となります。

オメガ3【EPA・DHA・αリノレン酸】

体内で生成することができない必須脂肪酸の一種。細胞の機能を高めたり、脂肪濃度を下げるはたらきがあります。熱や光に弱いため、冷奴やサラダなどにかけて食べるのがおすすめ。

  • オメガ3が含まれる油
  • 亜麻仁油、エゴマ油、アーモンドオイルなど

オメガ6【リノール酸・アラキドン酸】

オメガ3と同じく必須脂肪酸の1つ。細胞の機能を高めたり、抗炎症のはたらきがあります。その一方、摂取しすぎると炎症や血栓ができやすくなったり、アレルギーを悪化させることもあるので要注意。

  • オメガ6が含まれる油
  • ごま油、コーン油、ベニバナ油など

    オメガ3とオメガ6は1:4のバランスで摂るのが良いとされていますが、現代人は、なんと1:10~40でオメガ6を摂りすぎているのです。

オメガ9【オレイン酸】

オメガ9の主成分であるオレイン酸は、悪玉コレステロールを下げるはたらきがあります。さらに、オメガ9代表格のオリーブオイルは肝機能をサポートし、便秘解消にも効果的。また、ビタミンEも多く含まれているため、シミ・しわなどのアンチエイジングにも◎。

  • オメガ9が含まれる油
  • オリーブ油、キャノーラ油など

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

オメガ9は熱に強いため、炒め物に使ってもOK。普段の調理用油をサラダ油からオリーブオイルに変えるだけでも、オメガ6の過剰摂取を抑えることができます。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、油脂を加工・精製する工程ででき、健康に悪影響を及ぼす油として知られていますが、実は、肉や乳製品に微量に含まれている天然のものと2種類あります。ただ、どちらであったとしても本来食品から摂る必要がない油と考えられており、摂りすぎると悪玉コレステロールを増加させ、心疾患を引き起こすとの報告も。可能な限り控えるようにしましょう。

  • トランス脂肪酸が含まれる食べ物
  • マーガリン、ショートニング、生クリーム、ファストフードなど

良い油を摂ると内側から美しくなる

今まで油全般に悪いイメージを持っていた人も多いと思いますが、油には良いもの悪いものがあるということがお分かりいただけたと思います。また、これらの良質な油を1日60~90gを目安に摂るようにしたら、肌ツヤが出た、ポジティブシンキングになった、冷えが改善された、体重が減ったなどの声もあるようですよ。ファストフードや冷凍食品などにたよらず、オリーブオイル、亜麻仁油、エゴマ油などを活用し、健康的な食生活にシフトしてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル