ふくらはぎキュッと引き締め! 立って!座って!シェイプアップ

モテ子
ふくらはぎ・・・気をつけなさい。秋服でも露出してしまう視線集中スポットよ。

ふくらはぎは大切なパーツ。レギンズをはいた後姿は颯爽としていてほしいものですが、ふくらはぎがぷよぷよしていると…台無しなんですよね。残念!それから、ハイヒールが似合うかどうかの分かれ目も、ふくらはぎが引き締まっているかどうかにかかっています。そこで今回は、ふくらはぎをきゅっと引き締める、通勤・通学中にできるエクサをご紹介します。

立って行うふくらはぎエクサ

立ったまま、簡単にできるエクサです。

かかと上げ下ろし

電車やバスを待っているときに行いましょう。

1.かかとを浮かせる

足を肩幅に開いて立ちます。

2.限界まで上げる

3㎝ぐらい、両足のかかとを浮かせます。

3.さらにかかとをアップ

その状態からさらに極限までかかとを高く浮かせます。

4.1の状態にもどす

かかとを下し、あとは2→3→1…の繰り返し。各1秒を目安に、リズミカルに行います。

つま先立ち

車内で立っているときも、密かにふくらはぎを引き締めましょう!

1.片足をあげる

つり革や手すりにつかまり片足を上げます。

2.立っている側の足でつま先立ち

立っている側の足でつま先立ちし、10秒間キープ。

3.左右交代

足を左右交代しながら、10秒間ずつ繰り返し行います。回数の目安はありません。

かかと上げ下げ

電車やバスの車内で、つり革や手すりにつかまって、ゆっくりと行いましょう。

1.片足立ち

つま先をやや外側に開いて立ち、左足を軽く曲げ、右ふくらはぎの裏側に添えてください。

2.つま先立ちで10秒間

息を吸いながら、右足の親指に力をいれるようにしてかかとを床から離し、10秒キープします。

3.かかとを下す

息を吐きながら、かかとを下ろします。(余裕があれば、かかとを床に付けず繰り返しましょう)

4.繰り返す

回数の目安はありませんが、最低でも左右1回から3回繰り返しましょう。

かかとはできるだけ高く上げるのが、効果を高めるポイントです。逆に、つり革等に体重をかけてしまうと効果がなくなってしまうのでご注意ください。

座って行うふくらはぎエクサ

座れた場合にも、ラッキーなんてくつろがないで、しっかりエクサしましょう!引き締まったふくらはぎになるには、日々の努力が大切です。

6_58_01

1.つま先を床につけ、かかとを上げる

座席に座り、つま先を床につけ、かかとを上げます。

2.ふくらはぎに力を入れる

ふくらはぎにぎゅっと力を入れます。

3.10秒間キープ

2の状態で10秒間キープします。 肩が動いていたら二の腕に力が入っていない証拠。肩が上がらないように気をつけてください。

4.繰り返す

その後、力を入れて10秒キープ→力を抜いて10秒休みを繰り返し行います。

ふくらはぎは比較的鍛えやすい部位。

  • いつもより少し早歩きする
  • 階段を意識的に使い、その際は、かかとを浮かせて歩く

など、ちょっとした工夫でも、効果がメキメキあらわれます。
どうぞトライしてみてくださいね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル