ダイエット中だけど食べたい!太りにくいアイスの選び方

モテ子
モテ子
夏だもの。アイス食べないなんて…ムリよね。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

これからの時期は特に食べたいアイスクリーム!しかし、気になるのはカロリーの問題ですよね。そんなアイスクリーム好きの皆さんにおすすめしたい太りにくいアイスクリームの選び方についてご紹介したいと思います。ポイントは5つ!美味しく食べるためにさっそくチェックしていきましょう。

アイスクリームの種類

アイスクリームは、食品衛生法にもとづく「食品、添加物等の規格基準」と「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」という2つの法律で以下の4種類に分類されています。

  • アイスクリーム (乳固形分15.0%以上で、そのうち乳脂肪分8.0%以上)
  • アイスミルク (乳固形分10.0%以上で そのうち乳脂肪分3.0%以上)
  • ラクトアイス (乳固形分3.0%以上)
  • 氷菓 (上記以外のもの)

この種類があるというのを意識するのが太りにくいアイス選びのポイントになります。アイスクリームを選ぶ時には、成分表示を確認する習慣をつけるようにしましょう。

太りにくい食べ方のポイント

カロリーで選ぶなら「氷菓」

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

夏に食べるアイスは、暑さを和らげるために食べる場合が多いので、ダイエット中なら水分が多くカロリーが低い「氷菓」がおすすめです。また、氷菓以外のものを選ぶ場合には、乳固形分の濃度が高ければカロリーも高くなるので、アイスクリームの種類を見て、カロリーが低いものを選ぶようにしましょう。そして一緒に確認したいのが、植物性油脂の有無です。これは添加物を使用して、アイス風に作られているものなので要注意!カロリーの表記がないなら、乳固形分の数字を見て低いものを、そして植物性油脂が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

コーンよりカップ

アイスクリームにはカップタイプのほかにも、棒がついたスティックタイプや、モナカにサンド、コーンなど種類に違いがあります。コーンやモナカはアイス単体で食べる以外にコーンのカロリーがプラスされるので、食べるならカップがおすすめです。

食べたい分だけ別皿に

カップタイプのものを選んだら、食べたい分だけお皿に取り分け、食べる量をセーブしましょう。今日は半分だけと意識することでカロリーも半分に抑えることができますよ。

マルチパックで食べる量を調整

ミニサイズがたくさん入ったマルチパックは、値段も手頃なので冷凍庫にストックしている人も多いのではないでしょうか。そんなマルチパックは、サイズが小さいので取り分けなくても済みますし、一口で食べられるので便利。もちろんカロリーを抑えることもできます。口の中をさっぱりさせたいという時に試してみては。

空腹時を避ける

空腹時はどうしてもたくさん食べてしまうものです。食べ過ぎを防止するためにも、空腹時を避けるようにしましょう。

小腹がすいた15時から18時がおすすめ

食後のデザートにアイスクリームを食べたいところですが、身体が動き出し、代謝が上がる15時から18時がおすすめです。代謝が高いということは食べても脂肪に変わりにくいので、15時から18時の間におやつを食べるのは、実は理にかなっているんですよ。

アイスクリームはダイエットには大敵というイメージがありますが、実は食べ方を工夫すれば朝にもおすすめなんです。詳しくはこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>夏の今こそ始めるチャンス!朝アイスダイエットでHAPPYに痩せちゃおう!

おいしく賢く

食べたいものを我慢するとストレスが溜まってしまうので、太りにくいアイスクリームを選んで、お腹を満足させてくださいね。またまだ暑い日が続くので、ダイエットとアイス、うまく両立しながらこの夏を乗り切りましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル