快適な眠りで美肌をキープ!クーラーと扇風機の上手な使い方

モテ子
モテ子
使い過ぎず、我慢しすぎず、が大事よ。

真夏日が続き、暑さにへばっている人も多いこの季節。冷房器具なしでは生活できないですよね。みなさんは何の冷房器具を使っていますか?すぐに涼しくなるから絶対クーラー!という方も電気代がもったいないから扇風機を愛用中!という方も必見!今回は、クーラーと扇風機それぞれの長所、短所と理想的な使い方についてお伝えしていきます。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

暑すぎる日には欠かせないクーラー

最近は冷房病やクーラー病といった言葉を耳にすることも多くなりました。これはエアコンによって身体が冷えすぎることで起こる病気です。冷房病になると、頭痛、肩こり、腹痛、不眠、食欲不振、むくみ、だるさなどさまざまな症状が出てしまいます。そしてこれは悪化すると嘔吐やめまいなどの症状にもつながるため、日常生活に支障がでてしまいます。しかし猛暑日が続く時期にクーラーを使わないわけにはいきませんよね。クーラーのメリット、デメリットを知って適切に使いましょう。

メリット

  • すぐに涼しくなる
  • 気温に関係なく効果がある

デメリット

  • 外との温度差で冷房病になる
  • 電力を多く使うので電気代が高い

経済的で身体にも優しい扇風機

「扇風機を付けたまま寝ると死ぬ」という都市伝説を聞いたことがあるでしょうか?実際には扇風機に長時間当たっても命が脅かされることはありません。しかしやはり、長い間当たり続けるのは身体に悪影響。健康的に涼むには、扇風機のメリット、デメリットをしっかり把握することが大切なのです。

メリット

  • 外との温度差が小さく身体に優しい
  • 電力消費が少ないので経済的

デメリット

  • 気温が高くなると涼しさが激減
  • 風に当たり続けると、温度変化によって血管が収縮して血流が悪くなるので末端から冷える
  • 風が当たり続けて身体が急激に冷えると、胃腸に負担がかかったり、寒暖差によって自律神経のバランスが乱れてイライラしたりする

就寝時に気をつけること

ここまでクーラーと扇風機それぞれの利点や欠点をお伝えしてきましたが、いずれも上手に使えば身体への負担はほとんどありません。ただし、寝ている間は基本的には動く範囲が狭いもの。そのため、エアコンや扇風機の風が身体の同じ場所に当たり続けてしまう可能性が高く、不調にもつながりやすいのです。就寝時は昼間の活動的な時間よりも特に気を配らなければなりません。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

クーラーと扇風機の併用がベスト

就寝時におすすめなのがクーラーと扇風機の併用です。エアコンからの冷気は狭い範囲に溜まってしまうことがありますが、扇風機の風で室内に空気の流れをつくれば冷気を部屋全体に拡散させることができるのです。これにより、身体の局所的な冷えは防がれます。また、扇風機の風を感じることで体感温度が下がるため、エアコンの設定温度を高くできます。これは電気代の節約にもなりますし、空気の乾燥予防にもなるので肌の美容にも良いですよ☆

クーラーは設定温度を高めに

人は寝ている間は体温が低下します。そのため、いつも通りの温度設定にすると身体が冷えすぎてしまうのです。部屋の状況にもよりますが、設定温度は28℃程度を目安にすると良いでしょう。また、エアコンによる喉の乾燥や痛みを防ぐためにも高めの温度設定が効果的ですが、痛みはフィルターの汚れが原因のこともあります。エアコンのお手入れも欠かさないでくださいね。

首ふりの角度や羽の角度に一工夫

扇風機のデメリットとしても触れましたが、風が身体の一定の場所に当たり続けると体温が極端に低下し、冷えや不調の原因になります。また、人は睡眠中にコップ1杯分の汗をかくといわれているため、汗をかいた状態で風に当たっていると風邪をひいてしまうかもしれません。クーラーの羽の向きを調節したり、扇風機は首ふりの機能をうまく活用したりしましょう。この時、扇風機の首の角度にも注意してくださいね。

就寝後3時間で切れるように設定

タイマー機能を使う方は深部体温がしっかり下がる3時間後以降に切れるよう設定しましょう。しかしクーラーや扇風機が切れた後に室温が上昇して夜中に何度も目覚めてしまうようでは睡眠の質が悪くなってしまいます。その場合はクーラーを高い温度でつけっぱなしにしておくのもひとつの方法です。

寝る前の保湿はしっかりと

クーラーをつけっぱなしにしていると空気が乾燥して、肌が乾燥してしまうこともあります。特に夏は汗をかくので汗の蒸発と一緒に肌の水分が失われやすい時期。就寝前にはクリームを塗って保湿対策を万全に。

両方のいいとこ取りを

クーラーにも扇風機にもメリットデメリットはあります。美容と健康のためには、それを知った上で両方の良い部分を引き出す使い方をすることが大切です。冷房器具を適切に使って夏を快適に過ごしましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル