アンチエイジング☆秋鮭と大葉のまぜごはん

モテ子
爽やかな大葉の香りと脂ののった秋鮭が美味しいご飯ね。韓国のりを巻くことで更に香ばしさがUPするわよ。

秋と言えば鮭が美味しい季節ですよね!!こんがりと焼いた鮭とさわやかな大葉を混ぜた「秋鮭と大葉のまぜごはん」は、栄養たっぷり!!ここにβカロチンとビタミンEが含まれている韓国のりを添えれば、美容に良い栄養素が更にプラスされますよ♪

材料の効果と働き

おにぎりやお茶づけの具と言えば『鮭』が定番ですが、実は鮭が美容に良いって知っていましたか?鮭に含まれている“アスタキサンチン”という成分には抗酸化作用があり、その成分は、なんとビタミンEの約1,000倍なんです!!シワ予防効果はもちろん、メラニン色素の沈着を抑えてくれるので、紫外線によるダメージも回復させてくれますよ☆

大葉

大葉には美容に必要なビタミンA、ビタミンC、ミネラルカロチンが多く含まれています。あまり知られていないことですが、大葉は白髪予防にも効果があると言われているので、アンチエイジングにも役立つ野菜と言えますね♪

『秋鮭と大葉のまぜごはん』のレシピ(一人前255kcal)

秋鮭と大葉のまぜご飯 3

材料

1切れ(80g)
大葉3枚
いりゴマ大さじ1
炊き立てのご飯お茶碗2杯分
1つまみ
ブロッコリースプラウトお好みで
韓国のりお好みで

作り方

1
鮭は塩を振って、少し焦げ目がつくまで焼きます。
2
焼けたら皮と骨を取ってほぐし身にします。秋鮭と大葉のまぜご飯 1
3
大葉をみじん切りにします。
4
炊き立てのご飯をボウルに入れ、鮭のほぐし身と大葉を入れます。
5
ここでご飯を味見して、少し味が薄いようなら塩を1つまみ入れます。
6
全体的によく混ざったら、ゴマを振りながら投入します。秋鮭と大葉のまぜご飯 2
7
ざっくりと混ぜ合わせたら器に盛り、ブロッコリースプラウトを添えます。
8
器の横に韓国のりを添えたら出来上がり~♪

ポイント

炊き立てのご飯で作った方が、鮭の塩分がご飯に馴染んで美味しいです。韓国のりは、ちぎってふりかけてもいいし、手巻き寿司のように巻いて食べてもパリッと香ばしくて美味しいです。ご飯の味が少し薄くても、韓国のりに塩気があるので大丈夫です☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

食材から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル