キノコとタコの疲労回復アヒージョ

モテ子
生マッシュルームを大量投入したら、食感が良くて美味しかったわ。舞茸も香りが良いからおススメ。残ったオイルはバゲットに浸けても良いし、茹で上がったパスタと絡めて、即席のぺペロンチーのを作ることもできるわよ☆

アヒージョとはスペインの料理「オイル煮」のこと。今回は、秋の香りたっぷりのキノコと、プリプリのタコを使って、アヒージョを作ります。オリーブオイルもタップリ取れるので、翌日お通じもスト―――ン!! と言う感じになりますよ!! 美味しくてお腹もスッキリしちゃうから、毎日食べたくなっちゃうこと間違いなしです♪

材料の効果と働き

キノコ

キノコは滑りのあるもの以外なら、なんでもアヒージョに向いています。 選ぶ基準は香りと食べやすさ、そして好みで決めるといいと思います。

タコ

『芋・タコ・南京』という言葉があるほど、女性はタコが好きと言われていますので、今回はタコにしてみました。タコにはタウリンが豊富に含まれており、疲れた身体を回復させてくれる効果があります。また、タウリンにはコレストロール値を下げてくれる効果もあるので、女性にはピッタリの食材なんですよ~☆

『キノコとタコの疲労回復アヒージョ』のレシピ(1人前652kcal)

タコとキノコのアヒージョ 3

材料

タコ150g
キノコ類50~60gぐらいずつ
にんにく2かけ
アンチョビ小さじ1
オリーブオイル250ml
鷹のツメ小口切りを1つまみ
小さじ1
コショウ少々
パセリ少々(飾り程度でOK)
バゲットお好きなだけ

タコとキノコのアヒージョ 1

作り方

1
キノコのいしづきを取り、食べやすい大きさに分けます。
2
にんにくと鷹のツメをフライパンで炒めて香りを出します。
3
キノコを入れて軽く塩コショウしておきます。
4
キノコに完全に火が通る前に、オリーブオイルを注ぎ、アンチョビも入れます。
5
オイルがふつふつ言うまで煮込んでいきます。(※この段階で味が薄かったら塩を足します。)
6
タコとプチトマトは、火を止めてから投入します。
7
アヒージョを盛るお皿を温めておきましょう。
8
お皿が温まったら、フライパンの火を止めて、タコとトマトを入れます。タコとキノコのアヒージョ 2
9
バゲットはお好みでトーストしても構いません。
10
お皿に盛ったら、アヒージョの出来上がりです。

ポイント

アヒージョは、そのまま食卓に出せる鍋(ルクルーゼやストウブのようなもの)を使うと、冷めにくくなるのでおススメです。タコは温め直すと固くなってしまうので、万が一温める場合は、タコは外に出してから温めましょう。「オイル煮」ですのでカロリーは高めですが、オリーブオイルは美容効果たっぷり! バゲットをオイルに浸して食べれば、血中コレストロールを下げる効果がある、オレイン酸タップリの美容フードになりますよ☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

食材から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル