男受けバッチリ!ナチュラル風アイメイクテクニック

モテ子
モテ子
ナチュラルに見せるにはテクニックが必要なのよ。

メイクが得意な人の中でも意外と多い悩みが、上手なナチュラルメイクの仕方。トレンドを意識したメイクをすると周囲から浮いてしまうし、かといってナチュラルメイクだと地味顏になってしまう…と、メイクのさじ加減が難しいと思うことはありませんか?そこで今回は、美容ライターの筆者がオススメのアイシャドウ&テクニックをご紹介します。

ナチュラル風に見せるコツ

1.定番カラー ブラウンシャドウ

ナチュラルに決まる鉄板カラーといえばブラウン。ブラウンは日本人の肌色に馴染みやすく、取り入れやすい色味です。

普段はアイシャドウをつけた後にアイラインを引いていますが、デートや初対面の人と会う時など、より目力をアップさせてナチュラルに見せたいときは、手順を少し工夫します。

メイクの手順ですが、アイラインを引いた後に、同アイシャドウを上から重ねています。アイラインをぼかすようにアイシャドウでグラデーションを作ると、元々目が大きいかのように仕上がります。

個人的におすすめなのは、ラメが細かく上品なアイテム。仕事やプライベート問わずオンでもオフでも活躍してくれます(その中でも美容ライターの筆者イチオシは、ルナソルの4色セットのアイシャドウ『スキンモデリングアイズ01』。まるでつけていないかのように自然にまぶたに馴染み、ぐっと目力をアップさせてくれます)。

2.セクシーカラーのシャドウ

イベントや女子会など、ナチュラルさをキープしつつも、目元に華やかさを出したいと思うときもありますよね。でも、カラーシャドウに挑戦するのは勇気がいると言う方も少なくないはず。使い慣れていないカラーだと、周囲に変だと思われていたら嫌だなと不安になることもありますよね。

そんな時は4色が揃ったパレットを買うのではなく、濃さを調整できるような単色シャドウを選ぶのがオススメ。そしてくすみカラーや、なじみカラーを選べば、初心者さんでも調整しやすいはず。例えばパープル系に挑戦したいけれども、抵抗があるという方には、グレーとパープルの間のような色を選ぶのがオススメです。

華やかか、地味かの両極端になりがちなくすみカラーですが、細かいパールが入っているものを選べば自然な華やかさを出すことができちゃいます。

また、単色シャドウなら急いでいる朝にもサッとつけることができます。筆者は、時間がない朝にはまぶたの中心部に、単色シャドウを濃い目につけ、中心部から横や上などの全体にぼかして使用しています。自然なグラデーションが一瞬で出来るので、楽チンなのに一気に垢抜けた印象を完成させることができますよ。個人的なおすすめアイテムは、ジルスチュアートのジェリーアイカラー03ブラウンビジューや、コスメデコルテ / AQ MW アイグロウ ジェムGY081です。

夜に予定がある時は、夕方にメイクの上から塗り直すだけで濡れたようなツヤが出て、セクシーな目元を作ることもできるので、とっても便利。

はじめは少しずつ試してみて

チャレンジしたいけれど、新しい化粧品を試するのが怖いなという時は、単色使いや、薄めにつけることから始めてみるのがオススメです。メイクがしっかり決まると、1日中気分がいいですよね。ぜひアイメイクのテクニックを楽しんでみてください。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル