彼も釘付け!素肌美人風ベースメイクの作り方

モテ子
モテ子
ナチュラルメイクの陰に、下地の努力アリ、ね。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

男性から圧倒的に人気のあるメイクといえば「ナチュラルメイク」。とはいえニキビ跡や赤ら顔など、隠したい部分が多いという方も少なくないはず。そこで今回は、元から美人に見せる素肌美人風ベースメイクのコツをご紹介します。

1. 下地作り

ベースメイクを薄く、ナチュラルに見せるために重要なのが「下地」。なりたいお肌にあわせて、お悩みを解決してくれる下地を選びましょう。面倒で下地をつけないという方もいらっしゃるかもしれませんが、下地にはファンデーションのノリを良くしてくれたり、ファンデの厚塗りを防いでくれる効果があります。

下地をつけると、一気にベースメイクの綺麗度がアップするので、素肌美人に見せるためには必須のアイテム。もし、下地を使ったことがなくて、どれがいいのかわからない場合は、お肌の血色感を上げてくれて、可愛く見せてくれる鉄板カラー、ピンクの下地を選びましょう。

ピンクの下地は、お風呂上がりのような自然な血色感を出してくれるので、デートの時にもオススメです。具体的なお悩みがあれば、そのお悩みにあわせて選びましょう。例えば、透明感を出したい場合はブルー系の下地、赤ら顔やニキビ跡が気になる場合はグリーン、クマが気になる場合はオレンジの下地を選ぶと、コントロールカラーとなり効果的。

また、全体的に下地を塗っても、隠しきれないお悩みがある時は、コンシーラーを使って部分的に隠しましょう。ファンデーションを全体的に厚くベタっと塗ってしまうと、老けた印象になってしまいますので、気になる部分やお悩みは、下地やコンシーラーで部分的にしっかり隠すのがオススメです。

ちなみに、下地やコンシーラーで肌を整えた後に、パウダーファンデーションをつけるのが不安だと感じる場合は、BBクリームやCCクリームを使ってみてください。BBクリームは、ファンデーション効果が高く、CCクリームは保湿効果が高いという違いがあります。オススメは、薄づきでお肌を綺麗に見せてくれるCCクリーム。筆者も面倒な時は、下地とCCクリームを混ぜて顔全体に薄く伸ばすようにしていますが、効果は同じですので、時間がない時には下地と一緒に混ぜて使うのもいいでしょう。

2. パウダーファンデーション

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

素肌美人に見せるコツは、ファンデーションを塗りつつ、しっかりと塗る部分と薄めに塗る部分を区別すること。目の下〜頬、顔の中心となる部分にはしっかりめに塗り、その他の部分は薄めに塗ることで立体感のある自然な仕上がりになります。

NGなのが、顔全体にファンデーションを重ねること。のっぺりとした印象になってしまい、メイクが濃いという印象を与えてしまいます。ナチュラルメイクだという印象を与えるために、ファンデはメリハリをつけて使いましょう。ちなみに、ファンデーションは、パフよりもパウダーでつける方が全体的に薄めでナチュナルな仕上がりになりますよ。

ナチュラルメイクで気になる部分やお悩みをしっかり隠しつつ、素肌美人に見せちゃいましょう。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル