こだわり次第で仕上がりも違う!メイクアップツールの選び方

モテ子
モテ子
弘法も筆は選ぶのよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

メイクをする時、あなたはどんなツールを使っていますか?ファンデーションやアイシャドウパレットなどを購入した時に付属されているスポンジやチップを使っている方も多いのではないでしょうか?しかし、付属ツールは柄が短く、上手く塗れないということもありますよね。そこで今回は、筆者おすすめのメイクアップツールの選び方をご紹介します。
使用するツールによって仕上がりも変わりますし、メイクをより楽しめます。付属ツールはお直しに便利なのでそういった活用の仕方をしつつ、朝のメイクはちょっとこだわってみませんか?

ベースメイクだけでこんなに違う!

パウダリーファンデーションはスポンジ、リキッドやクリームファンデーションは手で付けるという方が多いでしょう。しかし、ツールを変えれば仕上がりも変わってきます。

パウダリーファンデーション編

まず、パウダリーファンデーションをスポンジで塗るとしっかりとしたメイク感が出ます。どうしても厚塗りになってしまうと悩んでいた方は、ブラシ塗りにチェンジしてみると良いでしょう。一方、お粉にはパフが付属されていることが多いですよね。こちらもブラシ塗りにすることでふんわり優しい雰囲気になりますよ。

  • 白鳳堂/S104 パウダー 丸
  • 柔らかくてまとまりが良い山羊毛を使用しています。パウダリーファンデーションにもお粉にも使いやすいブラシです。薄付きなので調節しやすいのもおすすめポイント。

リキッドファンデーション編

リキッドやクリームファンデーションは手で付けるものだと思いがちですが、ブラシを使うと、より毛穴をカバーできてつるんとした仕上がりになります。手で塗るとじんわり温度感のある仕上がりに、硬めの毛質のブラシで塗ると陶器肌を目指せますよ。

  • 資生堂/ファンデーションブラシ 131
  • 斜めカットが絶妙で、顔の細かい部分にもフィットします。ブラシでファンデーションを塗るのが初めてという方にも使いやすい1本です。簡単に美肌をメイクできる優れもの。ただし、パウダリータイプに使うと付きすぎる場合があるので注意して。

アイメイクはこうして使い分ける♡

アイメイクツールは、主にチップ、ブラシ、指です。付属されているのはチップが多いかと思いますが、メインとサブで上手く使い分けると良いでしょう。

濃いめブラシ編

しっかりメイクの時は、硬くて短い毛を使ったブラシを使います。最も濃く発色するので、目元を引き締めたいときに便利です。

  • NARS/スマッジブラシ #45
  • 硬めの毛質でありながら、肌当たりが良いアイシャドウブラシです。平筆なのでアイシャドウをライン状に塗ることができます。

チップ編

スモーキーアイにしたいときはチップを使うのがおすすめ。チップで塗ると色は濃いめに。さらに、ボカしやすいので簡単にグラデーションが作りやすいですよ。

  • アクセーヌ/アイシャドウチップS
  • アクセーヌ アイシャドウチップ S

    ¥933

    ※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
    www.amazon.co.jp

    アイシャドウを上手く塗れないという方は、柄の長さが問題かもしれません。こちらはロングタイプで持ちやすく、メイクするときにも安定しています。大小チップが付いているので、1本持っているだけで活躍します。

ふんわりブラシ編

ふわっと優しく発色させたいときは、柔らかくて大きめのブラシを使いましょう。ハイライトカラーとミディアムカラーのどちらにも使用することができます。重ね塗りしてニュアンスを楽しむことも。

  • シュウウエムラ/ブラシ10
  • シュウウエムラ ブラシ 10

    ¥6,103

    ※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
    www.amazon.co.jp

    柔らかさと適度なコシを兼ね備えたブラシ。粉含みが良く、アイシャドウがムラになりにくいです。アイシャドウブラシ初心者さんにもおすすめですよ。平筆なので、慣れるとライン状に塗ることもできます。

指編

ツールをあえて使わず、指で塗るという方法もあります。ラメアイシャドウを塗るときに指を使うという方もいらっしゃるかと思いますが、アクセントカラーをポンポンとまぶたに乗せると抜け感が出てオシャレです。また、クリームタイプのアイシャドウのときにも指が便利。

その他ツールの選び方のコツ

上記以外にも、ツールを使うメイクはありますよね。どれを使ったら良いか分からないという方のために、選び方のコツをお教えします。

リップブラシ編

リップブラシが付属されているルージュはあまりないので、別途用意することが多いでしょう。リップブラシを選ぶときは、持つときの安定性とコシを重視すると良いですよ。細かい部分を描くので、安定感があることはマスト。さらに、コシがないとキレイにラインを引けません。この辺りに注目しながら選んでみてくださいね。

  • 竹宝堂/AF-8 リップブラシ
  • コシが強くありながらも、毛質がとても柔らかいのが特徴。長すぎないので安定性もバツグンです。粘膜に付けるものなので、高い抗菌性があるのも嬉しい。

アイブロウブラシ編

パウダータイプのアイブロウアイテムには、ブラシが必須。付属されているものも多いですが、描きやすさでいうと別途ブラシを買う方が断然おすすめです。眉頭はふんわり、眉尻はシャープに仕上げたいので、ある程度コシがあって幅広のものが良いでしょう。

ツールにもこだわって、メイクライフをもっと豊かに

メイクアップツールはあまり意識してこなかったという方にとっては、たくさんのツールがあるということが驚きかもしれませんね。ツールにこだわると、メイクの仕上がりも格段に違ってきます。せっかく良いコスメを使っているのであれば、こういった点も意識したいところです。よりキレイなあなたを目指すために、こだわりポイントを増やしてみましょう。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル