春のUVケア!アイテムの選び方を徹底解説

モテ子
モテ子
春の紫外線を甘くみてはダメよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

年中UV対策は必要ですが、春からは特に紫外線が強くなってきます。そこで今回は、紫外線についての基礎知識やUVケア用品の選び方、より効果的な塗り方をご紹介していきますので、正しい知識で正しいケアを行って、美肌をキープしましょう♪

年中日焼け対策をしないといけない!?UV-AとUV-Bの違い

肌の老化の約80%の原因が紫外線だといわれていますが(米国皮膚科学会による)、あなたはきちんとUVケアを行っていますか?日焼け止めは夏のアイテムだと思っている方は要注意。UV-AとUV-Bという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これらは肌に影響を及ぼす紫外線です。

UV-Bは、いわゆる「レジャー紫外線」です。皮膚が赤く炎症を起こしたり、メラニンを増加させて肌の黒化を引き起こしたりします。シミやそばかすの原因になるだけでなく、角層の水分が減少して肌荒れを起こすことも。よく「日焼け」だと呼ばれるのはこのタイプの紫外線が影響しています。UV-Bの量は7~8月の夏頃に多くなります。

一方UV-Aは、「生活紫外線」。4〜9月に特に量が多くなりますが、冬になっても半分程度しか減りません。地上の紫外線の約95%を占めており、買い物に出たり洗濯物を干したりといった日常生活を行う中でも影響を受けやすいのです。肌の弾力をキープするエラスチンやコラーゲンを変質させてしまい、シワやたるみの原因に。つまり、年中気を付けないといけない紫外線なのです。

年中UVケアをして美肌を保ちたいところですが、前述の通りUV-Aは春から強くなってきます。これからの時期、より紫外線対策に力を入れておきたいですね。

UV対策効果が高ければ良いわけではない…?春のアイテム選びのポイント

UVケア用品には「SPF」や「PA」という表示があります。「SPF50、PA+++」といった数値を見たことがあるかと思います。SPFはUV-B、PAはUV-Aの防止効果を表しています。どちらも数値や+の数が多くなるほど防止効果が高くなるので、UVケア用品を選ぶ際の基準になります。

効果が高そうだからといって、やみくもに数値が高いUVケア用品を買うのはあまりおすすめできません。なぜなら、数値が高いものを使うと、逆に肌の負担になってしまいかねないからです。UVケア用品は、目的に合ったものを選ぶことが大切なのです。

「SPF50+、PA++++」と表示された日焼け止めは、紫外線防止効果が高いですが、実際に適しているシーンは海外リゾートなど紫外線が非常に強い場所に行く時です。紫外線に敏感な肌の方は、このようなアイテムが必要な場合もあります。

一般的に、日常生活でセレクトしたいものは「SPF10〜20、PA+〜++」程度です。買い物に出かける時などはこうした日焼け止めを塗ると良いでしょう。屋外で軽く運動するときなどは「SPF30、PA+++」に切り替えてみてください。「SPF40〜50、PA+++」といった強めのUVケアアイテムは、海や山などのレジャーに向いています。シーンに合わせたアイテム選びをして肌への負担を少なくし、賢い紫外線対策をしたいものです。

日焼け止めの効果的な塗り方を覚えておきましょう

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

日焼け止めって、なんとなく塗ってしまいがちですが、せっかく使うなら、より効果のある塗り方をしたいところ。いわゆる「日焼け」はもちろん、肌老化も防ぐように努めてくださいね。

アイテムによって使用量が異なることがあるので説明書きを読むのは基本ですが、日焼け止めには適量があります。顔に塗る場合、リキッドタイプは1円玉硬貨大を2個分、クリームタイプはパール粒2個分が目安です。

適量の半分を手に取ってから、ムラなく顔に塗り広げましょう。残りの半分も同じように重ね塗りします。頬からこめかみにかけてシミが出やすいので、この部分はきちんと塗るようにしてくださいね。さらに、顔とは別に耳の裏や襟足、首にも塗ってください。塗り忘れやすい部分なので注意が必要です。

よりUV対策をしたい方は、パウダリーファンデーションを併用すると良いでしょう。酸化チタンや酸化亜鉛などが使われており、紫外線を乱反射させる効果が期待できます。

また、2、3時間おきに塗り直すことも大切です。長く外出する際は、日焼け止めを持ち歩きましょう。ウォータープルーフと書かれているアイテムでも塗り直しをした方がベター。皮脂で落ちたり、動いているうちに摩擦で落ちてしまったりするからです。

それから、日焼け止めを落とす時は説明書きに従って洗顔してくださいね。肌に残ると乾燥などの原因になりますので、専用クレンジングが必要だと書かれている場合は、きちんと専用のものを使いましょう。

正しい知識こそが、美肌キープへの近道です

紫外線はなんとなく肌に悪そうだから、なんとなく日焼け止めを塗っていたという方、その「なんとなく」が間違いケアの原因になってしまうことがあります。間違った使い方をして、知らず知らずのうちに肌老化を招いて、取り返しのつかないことになっていたらショックですよね。正しい知識を持ってしっかりとUVケアを行うことが、未来のキレイを作るのです。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル