美肌を保つ秘密♡フェイスマッサージの「いろは」

モテ子
モテ子
毎日欠かすことのないお手入れの積み重ねによって美肌はできているのよ。

自分に合った化粧品を使ってケアすることも大切ですが、フェイスマッサージを取り入れるともっと美しくなれるかも。顔の筋肉は身体の筋肉と違い、肌のすぐ下に表情筋がついています。この構造から、皮膚と筋肉が一緒にずり落ちて”たるみ”の原因になりやすいのです。顔がたるむと老けて見られることがありますし、顔の筋肉が凝ってしまったり、リンパが滞ってむくんでしまったりすることもあります。
フェイスマッサージをすると筋肉がほぐれて、リンパも刺激されるので、化粧品だけでは解消しきれなかった悩みにもアプローチできるのです。今までフェイスマッサージをしたことがないという方も、やってみてはいかがでしょうか?今回は、セルフでできる基本的なマッサージ方法をご紹介します。

まずはこのマッサージから

フェイスマッサージをするときに気を付けたいのが「摩擦」です。余計な力が加わると、肌を傷めてしまう原因になるので、摩擦を防ぐために必ずマッサージ用の化粧品を使いましょう。クリームタイプやオイルタイプなどその種類はさまざまですが、油性成分が多いため手のすべりが良くなります。

まず行いたいマッサージは、肌の血液循環を良くするものです。両手を使って優しくマッサージするのがコツ。基本的には、顔の内側から外側、下から上へ向かって手を動かしていきます。

基本のフェイスマッサージ

  1. 手のひら全体で、顎からフェイスラインを引き上げるようにします。包み込むように手をあて、密着させるようにして引き上げるのがポイント。
  2. 口角も引き上げていきましょう。下唇の中心から上唇へと動かしていってください。
  3. 次に、頬も引き上げます。鼻の横からこめかみに向かって、フェイスラインのマッサージと同じ要領で行ってください。
  4. 小鼻の溝もマッサージ。中指の腹をあて、小さな螺旋を描くようにしてみてください。
  5. 次に目周りです。ぐるりと円を描くようにしましょう。ほかの場所よりも皮膚が薄くてデリケートなため、より優しくマッサージしてくださいね。
  6. 最後に額です。両手の人差し指から小指までを額に密着させて、中心から外側に向かって螺旋を描きながら手を動かしましょう。

これで基本的なマッサージは終了です。夜のリラックスタイムに取り入れると気持ち良くておすすめですよ。

リンパを流して新陳代謝を促そう

リンパが滞ると老廃物がスムーズに流れなくなることがあります。これが、顔のむくみや凝りの原因にもなるのです。不要になった二酸化炭素や老廃物などは、80%程度を静脈が回収し、残りの20%程度をリンパ管が回収します。リンパには心臓のようなポンプがあるわけではないので、老廃物を流すリンパマッサージは実はとても大切。前述した基本的なマッサージ方法に加えて、リンパの流れを考えたマッサージも取り入れてみましょう。

リンパを流すマッサージ

まずはリンパ節を指の関節で押してほぐします。イラストの丸部分を目安にしてみてくださいね。リンパ節をほぐしたら、顔の中心から外側に向かって軽く圧をかけながらマッサージします。最後に、耳の下から首に向かってマッサージしましょう。老廃物を押し流すようなイメージでやってみてください。

毎日のマッサージが効果的!

マッサージをするタイミングとしては、血色が悪くなっている時やむくんでいる時など、肌が疲れたり代謝が悪くなったりしているサインが見られる時がベターです。しかし、こうした日だけでなく、毎日行うことがおすすめ。面倒に思うかもしれませんが、肌のハリ弾力をキープすることができるので、毎日の習慣にしてみてくださいね。

フェイシャルエステなどのスペシャルケアも良いですが、毎日セルフでマッサージを行うことも大切。経済的なのも嬉しいですよね。よりキレイを目指すために、ぜひフェイスマッサージも取り入れましょう。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル